FCソウル、2023シーズン選手団の背番号公開…チ・ドンウォン10番-ファン・ウィジョ16番
MHNスポーツ



※一部要約

FCソウルが新シーズンを控えて選手団の背番号を公開した。

最近、短期契約でKリーグに復帰して最も関心を集めているファン・ウィジョは16番を割り当てられた。
ファン・ウィジョは城南FCや代表でも16番を付けてプレーするなど、自身が最も好きな番号だと明かしたことがある。




スポンサーリンク
楽天





"ファン・インボムの先例のように"FCソウル、ファン・ウィジョとのプロジェクト始まった
インターフットボール



※一部要約

"韓国、日本、アメリア"のオプションをめぐって悩んだ。
FIFAの規定によると、サッカー選手は1シーズンの間に3チームのみ登録でき、2チームで試合をすることができる。
ファン・ウィジョはすでに今シーズン、ジロンダン・ボルドーとオリンピアコスでプレーしたため、ノッティンガムでは出場できない状況だった。
ただし、FIFAの別途規定により、リーグ日程が違うところでは追加で登録と出場ができる。
そのためFCソウルをはじめとして日本チーム、アメリカチームがリストに上がったのだ。

ファン・ウィジョの最終選択は"FCソウル"だった。
長らくネットワークを維持してきたクラブの努力、そしてキ・ソンヨンやファン・インボムら、選手のアドバイスが加わってファン・ウィジョの気持ちを説得することに成功した。

特にファン・インボムの先例が決定的だった。
現在、オリンピアコス所属のファン・インボムは去年4月、ルビン・カザンを去ってFCソウルに合流した。
当時はロシアのウクライナ侵攻があり、FIFAはロシアリーグに所属する外国人選手が既存の契約に関係なく他リーグと契約を結べる特別条項を作った。
そしてファン・インボムはFCソウルと2022年6月30日まで契約した。

それから再び延長したが、このときFCソウルの心遣いを確認できた。
FCソウルは"海外移籍のときは無条件で送る"という条項を入れ、選手のヨーロッパ再進出を積極的に助けた。
そして、程なくしてオリンピアコスがオファーして移籍が実現した。

FCソウルとファン・ウィジョは"ウィンウィン"を夢見ている。
クラブはファン・ウィジョの再跳躍を助けて昨シーズンの得点への渇きを解消するよう願い、選手はチームの上位圏目標に力を加えて来シーズンのノッティンガム挑戦のための準備ができる。




ファン・ウィジョ"体調グッド"キャンプで初のフルタイム、開幕戦出撃も可能だ
スポーツ京郷



※一部要約

ファン・ウィジョは13日、日本鹿児島の霧島国分スタジアムで行われたJ3テゲバジャーロ宮崎との練習試合に先発出場し、フルタイムをプレーした。
期待より速いペースだ。
シーズン真っ只中の前所属チームのオリンピアコスでは試合に出られなかったが、チーム練習は正常に消化していたためである。

ファン・ウィジョは先週、練習試合だけで2回も出て、それぞれ45分以上を消化した。
クラブ関係者は「ファン・ウィジョがどの選手よりも軽快の動きをを見せた」と伝えた。

ファン・ウィジョが自分のコンディションで戦力に加わるなら、過去数シーズンにソウルの悩みだった得点への渇きも解消するほどの力強いスタートも期待するに値する。


※6ヶ月の短期レンタルだからJリーグやMLSは取りづらかったと思う……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...