"ギリシャ適応難航"ファン・ウィジョ、ノッティンガム復帰説…「EPLに行っても出場不透明」
STNスポーツ



※一部要約

ファン・ウィジョが元の所属チームであるノッティンガム・フォレストに復帰するか?

ギリシャメディア<スポールタイム>は1日、「オリンピアコスがファン・ウィジョをノッティンガムに復帰させようとしている」として、「彼は10試合で1アシストしか記録しなかった。ワールドカップ開幕前にレンタルが終了するだろう」と報じた。

続けて「ファン・ウィジョは3日のFCナントとのUEFAヨーロッパリーグの最終6次戦の後、ノッティンガムに合流するとみられる」と付け加えた。

ファン・ウィジョは8月、ジロンダン・ボルドーを去ってノッティンガム・フォレストに移籍した後、クラブオーナーが同じであるオリンピアコスにレンタルされた。
昨シーズンのフランス・リーグアンで11ゴール2アシストを記録したので、チームの得点力を担うと予想されていた。

だが予想とは異なり、ファン・ウィジョはギリシャの舞台に適応できなかった。
公式戦10試合に出て無得点、アシストを1つだけ記録した。
さらに先月には2軍(Bチーム)降格説に覆われたりもした。


スポンサーリンク
楽天





オリンピアコスで"0ゴール"ファン・ウィジョ…元所属チームのノッティンガム復帰か
NEWSIS



※一部要約

スポールタイムはノッティンガム復帰が有力なファン・ウィジョが、3日に予定されているナントとのヨーロッパリーグ・グループリーグ最終戦に姿をあらわすと予想した。

グループリーグ脱落が確定しているオリンピアコスは、ナント戦でローテーションを稼働させるとみられる。




ファン・ウィジョがデビュー後に"最大の試練"…ギリシャで事実上放出危機
スターニュース

※一部要約

報道によると、オリンピアコスはファン・ウィジョが今シーズンに10試合でわずか1アシストに留まるなど、期待に大きく及ばない活躍を見せていると評価している。
ファン・ウィジョはすでにチームメイトに別れの挨拶までする準備を終え、4日のナント戦が事実上オリンピアコス所属で行う最後に試合になるという見通しまで付け加えられた。

先だって先月にはファン・ウィジョが2軍に降格させられたという現地報道まで出た。
当時、現地では「シーズン序盤から最も大きな失望を抱かせた選手で、チームに少しも役立てなかった」という酷評まであった。

ファン・ウィジョにとってはプロデビュー後に最大の試練を迎えた姿である。
2013年に城南でデビューしてからガンバ大阪とボルドーを辿り、今シーズンほど出場機会を貰えずにいるシーズンがなかったからだ。
今シーズンのファン・ウィジョのリーグ出場時間は開幕からせいぜい143分(5試合・先発2)。
同じ釜の飯を食べているファン・インボムの709分と比べても、かなり不足した出場時間である。

より大きな問題は、元の所属チームであるノッティンガムに復帰しても、登録自体で難航するかもしれないという点だ。
登録が可能だとしても、今シーズンの彼のギリシャリーグでの記録を振り返れば、いきなりチャンスを貰う可能性も希薄である。
ノッティンガムポストも「ノッティンガムはすでにEPLのスカッド25人をすべて登録した状況であり、ファン・ウィジョのためのスペースが必要」として、「ノッティンガムに復帰しても別のタイプの挑戦に直面するしかない」と予想した。


【関連記事】
韓国メディア:不振のファン・ウィジョが再びメンバー外…Kリーグ得点王が代表FWの一番手に?

※登録できなかったら冬にまた再レンタル……?


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...