[オフィシャル] 日、カタールワールドカップ最終リスト発表…久保-南野-冨安含む
インターフットボール



※一部要約

日本サッカー代表がカタールワールドカップに出場する26人の最終リストを発表した。

日本サッカー協会(JFA)は1日午後2時に公式記者会見を行い、2022FIFAカタールワールドカップに出場する26人の最終リストを発表した。

[以下、日本サッカー代表のカタールワールドカップ最終リスト26人]

GK:権田修一(清水エスパルス)、ダニエル・シュミット(シントトロイデン)、川島永嗣(ストラスブール)

DF:山根視来、谷口彰悟(以上川崎フロンターレ)、酒井宏樹(浦和レッズ)、吉田麻也(シャルケ04)、冨安健洋(アーセナル)、板倉滉(ボルシア・メンヘングラッドバッハ)、伊藤洋輝(シュツットガルト)、長友佑都(FC東京)、中山雄太(ハダースフィールド)

MF:遠藤航(シュツットガルト)、守田英正(スポルティング)、田中碧(デュッセルドルフ)、柴崎岳(レガネス)、三笘薫(ブライトン)、鎌田大地(フランクフルト)、堂安律(フライブルク)、南野拓実(ASモナコ)、久保建英(レアル・ソシエダ)、伊東純也(スタッド・ランス)、相馬勇紀(鹿島アントラーズ、※名古屋グランパスの間違い)

FW:前田大然(セルティック)、上田綺世(ブルッヘKSV)、浅野拓磨(ボーフム)


スポンサーリンク
楽天





日本、カタールワールドカップ最終リスト発表…ヨーロッパ組だけで20人
ゴールドットコム



※一部要約

南野拓実や吉田麻也、冨安健洋、鎌田大地、久保建英ら、名前を聞いただけでもわかるヨーロッパ組が大挙含まれた。

それに反してJリーグに所属する選手は6人に過ぎなかった。
長友佑都や酒井宏樹、権田修一ら、ヨーロッパで活躍して復帰したベテランと、相馬勇紀や山根視来、谷口彰悟が乗船した。




日本、カタールワールドカップ最終リスト発表…冨安や久保らヨーロッパ組だけで20人
ニュース1



※一部要約

日本は本戦でE組に属して、23日午後10時にドイツ、27日午後7時にコスタリカを相手にした後、12月2日午前4時にスペインとグループリーグ最終戦を行う。

7回連続でワールドカップ本戦に進出した日本は、カタールで16強進出を超えて歴代最高成績を目標にしている。
そのために日本は今週のJリーグの日程を終えてすぐカタール現地に移動、適応に入る。
日本は本戦前の17日にカナダと最終評価試合をする計画だ。


※原口が落ちたのが一番の衝撃、あと遠藤が怪我したら中盤の守備がヤバそう……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...