ファン・ウィジョの暗い未来…復帰1Gでまた"リスト除外"
エクスポーツニュース



※一部要約

ギリシャのオリンピアコスに移籍したファン・ウィジョの未来が暗い。
1軍に復帰して1試合で再びリストから除外される屈辱を受けた。

オリンピアコスは30日、ギリシャのカライスカキス・スタジアムでPASラミアとスーペルリーガ・エラダ10ラウンドを行っている。
ファン・インボムが先発したなか、前半が終了した現在、オリンピアコスが2-0でリードしている(※このまま勝利)。
だがこの喜ばしい瞬間にファン・ウィジョはいなかった。
今回の対戦でベンチにも座れなかった。

まともにプレシーズンを行えなかったファン・ウィジョのフォームが正常なはずなかった。
ファン・ウィジョはまだオリンピアコスでゴールを炸裂させられずにいる。

自然と立地も狭まった。
出場機会を掴めず、とうとう21日のリーグ戦を前にリストから除外された。
ギリシャメディアはファン・ウィジョが2軍に降格したと推測した。

ファン・ウィジョのエージェンシー側は「2軍降格は事実ではない」と釈明し、平日のUEFAヨーロッパリーグの試合に交代出場して憂慮を払拭させたかに見えた。

だが1軍復帰から1試合で再びリスト除外にされてしまった。
2軍降格が事実でも事実でなくても、オリンピアコスでの未来が暗くなったのは確かだ。


スポンサーリンク
楽天





ファン・ウィジョ不振で"得点王"チョ・ギュソン出る…ベント号の1オプションに変わるか
NEWSIS



※一部要約

ベント監督はたいしたことではないという反応を見せたが、良かったときと比較すれば明確にファン・ウィジョの競技力が落ちているのは事実だ。

2019年7月にジロンダン・ボルドーに入団してヨーロッパに進出したファン・ウィジョは、リーグアンで2シーズン連続二桁得点を上げた検証されたFWである。

だが不振が長引いている。
新チームを見つける作業が遅れ、プレシーズンもまともにできなかったし、負傷まで重なり本来の技量を発揮できずにいる。

ギリシャ正規リーグでは5試合ゴールがない。
アシストが一つだけである。
UEFAヨーロッパリーグの5試合を含めれば、公式戦10試合で沈黙している。



ファン・ウィジョが不振に陥っている間、代表で2オプションFWのチョ・ギュソンが劇的な逆転得点王に続き、全北のFAカップ優勝と同時にMVPまで選ばれて大きな注目を浴びた。

最近の競技力はもちろん、得点ペースを考慮すれば、国内FWの中で最もコンディションの良い選手がまさにチョ・ギュソンだ。

今年はじめでもファン・ウィジョに続く2番手の攻撃オプションと見られていたが、今やチョ・ギュソンが代表の最前方に立つべきという評価まで出ている。

2021~2022シーズンEPL得点王のソン・フンミンが最前方に立つ"Son-top"戦術が稼働するかもしれないが、ソン・フンミンがメインポジションのサイドに立つときは2人の中の1人が1トップを担う可能性が高い。




ファン・ウィジョ不振でチョ・ギュソン"ベント号の切り札"浮上
文化日報



※一部要約

身長189センチ体重82キロの壮健な体格を持つチョ・ギュソンは、制空権と運動量を前面に出して相手守備陣を苦しめるストライカーだ。
チョ・ギュソンは合計17得点と5アシストでKリーグ1得点王とベスト11のFWに選ばれた。

チョ・ギュソンの活躍にサッカー代表は安堵している。
代表はカタールワールドカップの最終エントリーのストライカーにチョ・ギュソンとファン・ウィジョを招集すると予想されているが、主戦のファン・ウィジョが今シーズンに力を発揮できずにいる。
オリンピアコスに移籍してからゴールで沈黙している。
チョ・ギュソンは「ウィジョ兄は国内最高のストライカー」として、「けど自信がないわけじゃない。チャンスを得たら最近の良い姿を維持して、自信を持って試合をする計画」と明かした。
また、競争よりも最終エントリーに入ることが優先だと強調した。
彼は「ワールドカップは選手なら一度は出場するのが目標」として、「けど最終エントリーに入ることが先」と語った。


※ベント監督は保守的だからファン・ウィジョをひとまず使うと思うけど、不振が酷かったら状況は変わるかも……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...