ワールドクラスなのに…ケイン、日ベテランMFに苦戦
エクスポーツニュース



※一部要約

日本のベテランMF長谷部誠がハリー・ケインとの対決で判定勝ちをおさめた。

トッテナム・ホットスパーは5日、フランクフルト・シュタディオンで行われたアイントラハト・フランクフルトとの2022/23シーズンUEFAチャンピオンズリーグD組3次戦に無得点で引き分けた。
両チームは勝ち点を分け合って共同2位を維持した。

長谷部は1984年生まれ、今年38歳で韓国の年齢ではすでに39歳、不惑を眺めるベテラン中のベテランだ。
2008年に日本からドイツに進出した彼は、ブンデスリーガだけで362試合を消化して、フランクフルトだけで公式戦271試合を消化した。

長谷部はポジション上、ケインと頻繁に激突した。
ケインにボールが向かうたびに、長谷部はは影のようについて彼をプレスしてボールを奪った。
彼はチーム内最多の11回のリカバリーに成功し、トッテナムの攻撃をその場で遮断した。

オリヴァー・グラスナー監督も長谷部の活躍を喜んだ。
グラスナー監督は「長谷部はワールドクラスのストライカーを相手に本当に素晴らしかった」と評価した。


スポンサーリンク
楽天





リシャルリソンをこらしめて、ケインの脚を打ってしまい…日レジェンド、非マナープレー
インターフットボール



※一部要約

競技力とは別に、長谷部のいくつかの行動を眉をひそめさせた。
代表的なシーンは2回あった。
最初の状況は前半44分に出た。
リシャルリソンがペナルティボックスでケインのパスを受けてシュートを飛ばした。
このとき、長谷部がリシャルリソンのシュートを防ぐためにタックルを試みた。
両選手同士が競り合うことになり、リシャルリソンが足首をつかんで倒れた。

すると長谷部はリシャルリソンに近づいて大声を上げた。
長谷部はリシャルリソンがPKを取るためにハリウッドアクションをしていると思い、大声を上げたのだと推測される。
実際、当該の状況は長谷部がリシャルリソンにファールをしたと見るのは難しい状況だったが、冷静に見れば不要な行動だった。

その次の状況はさらに深刻だった。
後半40分、長谷部はケインと競り合いの過程で倒れた。
お互い再び立ち上がって試合を続けることになったが、長谷部が非マナープレーを披露した。
長谷部はケインとともに倒れたあと、足を上げてケインの脚に打ち下ろした。

意図性があるかは選手本人しかわからないが、スロー画面で見れば故意性がかなり感じられた。
ケインも長谷部の故意性を感じたのか、起きて報復性のプレーで長谷部を押した。
すると長谷部は激しい反応を見せて転がった。
主審は長谷部の行動を見られなかったため、ケインにだけ警告を与えた。




日本メディアの絶賛「ソン・フンミンを防いだ長谷部、よく熟したファインのようだった」
ニュース1



※一部要約

日本メディアの"フットボールゾーン"は5日、「日本のベテランMF長谷部がソン・フンミンを含むトッテナムFWを上手く防いだ。彼は高齢だが、よく熟したワインのように良かった」と高く評価した。

メディアは「長谷部はイングランド代表のハリー・ケイン、ブラジル代表のリシャルリソン、韓国代表のソン・フンミンとのマッチアップに対応し、相手にチャンスを与えなかった」と紹介した。

日本代表出身のベテランである長谷部は、若くない年齢にもかかわらず、依然としてフランクフルトで重要な任務を担っている。

ブンデスリーガでは制限された出場機会を受けているが、経験が重要なUCLでは今シーズンの3試合にすべて出場して重用されている。


※この年齢でCLに出て活躍するとは……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...