日18歳MF、バイエルン・ミュンヘン移籍…2025年まで契約
マイデイリー



※一部要約

バイエルン・ミュンヘンが福井太智を獲得した。

ドイツの名門バイエルン・ミュンヘンは28日、「日本出身のMFタイチを獲得した。契約期間は2025年6月までで、2023年1月に我々の2軍チームに合流するだろう」と伝えた。
タイチは今シーズンまで日本Jリーグのサガン鳥栖でプレーし、来年バイエルン・ミュンヘンに発つ。

タイチは2004年生まれ中央MFで、日本サッカーが期待している有望株だ。
日本U-20代表で12試合出場した。
今シーズンのJリーグ出場記録はないが、リーグカップで3試合出場した。
日本U-23リーグでは9試合に出場して5ゴール7アシストを記録した。

バイエルン・ミュンヘン入りしたタイチは「バイエルン・ミュンヘンに合流することになってとても光栄だ。チームのためにすべてを捧げて献身する」と誓った。


スポンサーリンク
楽天





B.ミュンヘン、韓・中に続いて日の才能MF獲得…アジア市場きっちり狙う
エクスポーツニュース



※一部要約

バイエルン・ミュンヘンが韓国、中国の才能に続いて日本の才能まで確保してアジア市場を攻略している。

フイチ(※たぶん福井と太智がごっちゃになってる)はサガン鳥栖ユースで成長中の若いMFで、すでに2021シーズンに17歳の年齢でJリーグ1デビューして、クラブ歴代最年少プロデビューの選手となった。
彼はプロの舞台で公式戦14試合プレーして3アシストを記録した。

フイチはすでに日本U20代表でデビューした。
彼は9月、オマーンで行われたAFCU20アジアカップ予選に出場して本戦進出の一助となった。

現在、バイエルン・ミュンヘンには大韓民国のイ・ヒョンジュをはじめとして、リュ・シャオズヤン(中国)らアジアの若い才能がいる。

イ・ヒョンジュは昨年、浦項製鉄高校卒業直後にミュンヘンへレンタル移籍し、今夏の移籍市場で完全移籍に成功した。

シャオズヤンはFC武漢で成長し、1月の冬の移籍市場でミュンヘン・キャンパスに移籍して、現在オーストリアリーグのSKアウストリア・クラーゲンフルトにレンタル移籍して経験を積んでいる。


※イ・ヒョンジュと体格が同じくらいでポジションもやや被ってるけど、どうなるか……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...