ファン・ウィジョのEPL固執に涙…「高かったので確信あった」
FourFourTwo



※一部要約

今夏、コリアンリーガーの行き先が多くの関心を集めた。
フェネルバフチェで優れた活躍をしたキム・ミンジェをはじめとしてファン・インボム、ファン・ヒチャンがすべて移籍説に巻き込まれた。
キム・ミンジェとファン・インボムはそれぞれナポリとオリンピアコスに行って巣を移したが、ファン・ヒチャンはウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ残留を選んだ。

ファン・ウィジョの未来も話題だった。
ボルドーで頭角を現した彼は、チームが2部リーグに降格して売却リストに上がった。
ボルドー会長は資金を充てるために核心選手の売却を考慮し、ファン・ウィジョもやはりそのリストに名前を上げた。

様々なクラブとリンクされた。
フランスリーグで長く活躍したので、フランスチームの関心がほとんどだった。
ナントをはじめとしてストラスブール、モンペリエ、トロワなどがファン・ウィジョの状況に注目した。
それ以外にウェストハム・ユナイテッド、ブンデスリーガの数チーム、フェネルバフチェ、ポルトまでファン・ウィジョの獲得を考慮した。

フランスチームの積極的な関心にもかかわらず、ファン・ウィジョは海外進出を夢見た。
ソン・フンミンやファン・ヒチャンが活躍するイングリッシュ・プレミアリーグ進出を狙った。
ノッティンガム・フォレストがファン・ウィジョに関心を示して交渉が進んだ。
彼は移籍後に1年レンタルの条件で悩んだが、レンタルチームがファン・インボム所属のオリンピアコスだったので受諾した。

ファン・ウィジョのEPL固執を多くのチームが残念がった。
特にナントは最後まで金額を上げて積極的だったのでなおさら残念がった。

ナントだけではない。
アメリカプロサッカー(MLS)のミネソタもやはりファン・ウィジョを欲しがった。
攻撃補強を望んでいたミネソタはファン・ウィジョ獲得を試みて、直接的なオファーまでした。
MLS記者のトム・ボガートは、ミネソタがボルドーに500万ドルをオファーしたが拒絶されたと明かした。


スポンサーリンク
楽天





ファン・ウィジョを逃したミネソタのディレクター、「本当に欲しい選手だったが…」
インターフットボール



※一部要約

ミネソタ・ユナイテッドがファン・ウィジョを獲得できなかったことについて心残りを持っている。

ミネソタのディレクターであるマーク・ワトソンが、アメリカ"パイオニアプレス"とのインタビューでファン・ウィジョ移籍推進の過程を説明した。

ミネソタにとって大金の500万ドルまでオファーしたという。

エイドリアン・ヒース監督も驚く金額だった。
だがファン・ウィジョはミネソタのオファーを断った。
EPL行きを夢見たファン・ウィジョはウォルヴァーハンプトンやフラムとリンクされ、ノッティンガム・フォレスト移籍を完了させた。
移籍直後にファン・インボムがプレーするオリンピアコスにレンタルで行くことが条件だったが、ファン・ウィジョは受諾した。
移籍金は360万ドルだった。



ノッティンガムに行き、オリンピアコスへのレンタルを確定させたファン・ウィジョを見て、ミネソタはほろ苦さを飲み込んだ。
ワトソンディレクターは当時を振り返り、「ファン・ウィジョ獲得は考慮された。本当に大きな支出をするつもりだった。やや無理をしてでもファン・ウィジョを連れてこようとしたのは、彼がミネソタにとって本当に役立つだろうという考えからだった」とした。
ミネソタがファン・ウィジョをどれだけ欲しがっているのかがわかるような部分だ。

オリンピアコスに行ったファン・ウィジョは無理なく適応している。
ギリシャ・スーパーリーグでデビューを終え、UEFAヨーロッパリーグも消化した。
まだゴールはないが、リーグではアシストを上げて攻撃ポイントを追加した。
安着には成功したが道のりは遠い。
主砲ユセフ・エル・アラビとの競争を続けなければならない。


※まあ、まだアメリカに行くのは早いと思う……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...