[オフィシャル] イラン、カタールワールドカップ代表監督にケイロス再任
スターニュース



※一部要約

カルロス・ケイロス監督が三度目のイランサッカー代表の司令塔を引き受けることになった。

これまでイランサッカー協会は政治的な問題で混乱が続いていた。
7日にドラガン・スコチッチ監督が更迭されて再任されたことが代表的事例だった。
スコチッチ監督は2020年2月に就任した後、18試合15勝1分け2敗の好成績でイランの2022カタールワールドカップ本戦進出を導いた。

だが先日、メフディ・タジ元イランサッカー協会会長が再びサッカー協会の首長になり、スコチッチ監督の運命も変わった。
タジ会長は自分と栄光をともにしてきたケイロス監督を再任するよう望んだ。

コロンビアとエジプトの代表を引き受け、どちらもワールドカップ進出に失敗して面子を潰したケイロスは、自身に最も適していたイランと名誉挽回を狙う。

アジア最終予選A組1位で上がったイランは、今回のカタールワールドカップでイングランド・アメリカ・ウェールズとともにB組に属している。


スポンサーリンク
楽天





ケイロス"迎えた"イラン、"極端守備-ベッドサッカー"精神を整えられなかったか
STNスポーツ



※一部要約

フィジカルに優れるイランサッカーを脱アジア級に引き上げたという評価もあるが、肝心のワールドカップやアジアカップなどのメジャー大会で特別な成果を出せなかった。
2014ブラジルワールドカップのグループリーグでアルゼンチン・ナイジェリア・ボスニア・ヘルツェゴビナと当たったが、毎試合"極端な守備"戦術で一貫して、退屈なサッカーと批判されながら1分け2敗でワールドカップを締めくくった。

2018ロシアワールドカップではモロッコに勝利し、スペインとポルトガルには引き分けて1勝1分け1敗でグループ3位になって善戦した。
だがワールドカップの舞台でも中東サッカー特有の"ベッドサッカー"を捨てられなくて非難された。




"拳ジャガイモ"ケイロス、再びイランの司令塔に…カタールワールドカップ率いる
ニュース1



※一部要約

ケイロス監督は韓国と強い悪縁がある。
韓国はケイロス監督が構築した"密集守備"に阻まれ、彼の在任期間8年間で一度もイランを倒せなかった。
2014ブラジルワールドカップアジア予選では、ケイロス監督が韓国ベンチに向けて"拳ジャガイモ"を飛ばして論難になったりもした。

イランは9月のAマッチ期間を活用してウルグアイ・セネガルと評価試合を行う。
ケイロス監督はこの試合で復帰戦を行い、本格的なワールドカップ構想を始める計画である。




イランが監督を変えた理由、そしてケイロス監督が貰うことになる金銭的待遇は?
ベストイレブン

※一部要約

イランメディアはタジ会長の当選の可否が監督交代に繋がり得ると予想していたが、その予想が現実化された。
タジ会長は8月30日の就任初日記者会見で「イランのワールドカップ成功のためには世界的名将が必要」として、監督交代の可能性を示唆し、実際にそれを現実にした。

それでは、準備過程が事実上ほとんどない状態でワールドカップを準備することになったケイロス監督の金銭的待遇はどのようなものなのか?
中国メディア<タイタン周報>によると、ケイロス監督は今回のカタールワールドカップが終わるまでの契約で、2ヶ月間で5万ドルを貰うことになる。
国際的名声のある指導者を迎えるという理由で、無理に金を浪費しているという批判を受けることもあり得たが、かなり安い金銭的な約束をしたことでそれを回避することに成功したとみられる。


※これは予想外だった。しかし、8年間も韓国に負けなかったのはすごい……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...