アジアカップサッカーの誘致申込書提出締め切り、9月15日に延期
イーデイリー



※一部要約

2023AFCアジアカップの誘致申込書の提出期限が31日から9月15日に延期された。

文化体育観光部は31日、「AFC事務局が誘致申込書の提出締切日を9月15日に延期するという公文書を送ってきた」と明かした。

大韓サッカー協会は当初、この日に誘致計画書、政府保証書、競技場・練習場の協約書などを含めた公式申込書をAFCに渡す計画だった。
だがAFCが申込書の提出締め切りを延期し、サッカー協会も申込書を15日の前に出すよう計画を変更した。

大韓サッカー協会はアジアカップ誘致を公式発表し、6月30日にAFCに誘致の意向書を提出した。
現在はカタール、オーストラリア、インドネシアと誘致争いが繰り広げられる見通しだ。


スポンサーリンク
楽天





2023AFCアジアカップ開催申請期限延期…来月15日まで
NEWSIS



※一部要約

(※誘致争いのライバルの)カタールは2022FIFAワールドカップの施設をそのまま使用できる長所がある。

だが韓国は2002FIFAワールドカップ、1988ソウル夏季オリンピック、2018平昌冬季オリンピックなど、3大国際スポーツイベントを成功裏に開催し、世界的水準のスポーツ基盤施設や先端情報技術(IT)、水準の高い市民意識や文化的力量を全世界に披露したことがある。

合わせて、2024年1月に大会日程を変更しなければならないカタールやオーストラリアと違い、既存の日程(2023年7月)のまま大会ができる長所もある。

また、前回大会である2019年の開催地が中東地域(アラブ首長国連邦)だった点を考慮すれば、地域配分の側面からも開催の名分でリードしている。

そして韓国文化(ケイカルチャー)が全世界的な喝采を浴びる中で、アジアサッカーがケイカルチャーと結合してスポーツ文化の祭典となり、アジアカップ大会を一段高めて新たな地平を開くと期待される。

アジアカップはアジア地域で最高権威のサッカー大会である。




文体部、中が放棄した"AFCアジアカップ"誘致に総力…なぜ
STNスポーツ

※一部要約

政府がアジアカップ誘致に積極的に取り組むのには、ユン・ソギョル大統領の意中が大きく作用したという後聞である。
就任直後、サッカー界の要人からの誘致建議に、パク・ポギュン文体部長官らに推進を指示したという。

アジア制覇に対するサッカー界の渇望も、政府の誘致総力の決定に一役買った。
韓国は1回と2回(1956・1960)で連続優勝した後、準優勝(1972・1980・1988・2015)だけを記録している。
1970年に入ってからはたった一度も優勝できていないわけだ。

専門家は慎重に韓国の競争優位を予想している。
カタールやオーストラリア、インドネシアがFIFAのビッグマッチの準備の邁進しなければならないうえ(※それぞれ男子W杯、女子W杯、U-20W杯がある)、韓国が既存の予定地だった中国と地理的・気候的に類似性も高いという理由からである。


※「ケイカルチャー」云々は無理くり感があるような……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...