"兵役忌避"ソク・ヒョンジュン「韓国に帰国して入隊する」
ヘラルド経済



※一部要約

兵務庁の兵役忌避者リストに上がっている韓国サッカー代表出身のソク・ヒョンジュンが、兵役義務履行のために帰国する予定だと伝えられた。

30日の中央日報によると、この日ソク・ヒョンジュン側の関係者は「ソク・ヒョンジュンが韓国に戻ることを決心して数ヶ月前から準備作業をしている」として、「兵役法に背いて入隊を先送りした処罰を甘受し、その後誠実に軍服務を履行するという考え」と明かした。

それについてヨーロッパのあるサッカーエージェントは「ソク・ヒョンジュンが先月トロワと決別した頃に中東チームが入団オファーをしてきたが、選手側から"近いうちに韓国に戻る予定"と告げた」と伝えた。

2016年のリオオリンピックでメダル獲得に失敗して兵役特例の機会を逃したソク・ヒョンジュンは、28歳になる2019年以前に帰国して軍に入隊しなければならない兵役法の規定を破り、フランスに無断滞在した。
兵務庁を対象に海外滞留延長の訴訟を起こして敗訴したが、兵役義務を履行しなかった。

2019年はじめに"入営のための家事整理"目的で兵務庁から一時的な海外滞留延長(3ヶ月)の許可を受けたが、その後も帰国を先送りして、兵務庁の告発によりパスポートが無効になり、兵役忌避者リストに名前を上げていた。


スポンサーリンク
楽天





"兵役忌避嫌疑"ソク・ヒョンジュン、韓国に戻ってくる「兵役履行する」
ニューストマト



※一部要約

ソク・ヒョンジュンは19歳だった2009年にオランダの名門アヤックスに、入団テストを通じてヨーロッパサッカー生活を始めた。
だが彼はヨーロッパサッカー界ではっきりとした足跡を残せず、何と12チームを渡る、いわゆる"ジャーニーマン"生活をした。
それでもサッカーファンは彼のチャレンジ精神を高く評価して応援した。

選手側は「ソク・ヒョンジュンが(契約の早期解除によって)トロワと金銭的に解決すべきことがあるという」として、「クラブへの債務と認められれば、フランスから韓国への出国が難しいかもしれない」と明かした。




"兵役忌避嫌疑"ソク・ヒョンジュン、帰国決心
錦江日報



※一部要約

ソク・ヒョンジュンが入国すれば、出入国管理事務所から兵務庁と警察庁に通知されてすぐに捜査を受ける。
兵役法第94条2項に違反した"許可期間内の未帰国者"では3年以下の懲役刑を受ける。
兵役法によると、6ヶ月~1年6ヶ月の懲役あるいは禁錮刑を宣告されれば補充役として、1年6ヶ月以上なら戦時勤労役(5級)にそれぞれ編入される。




大韓民国サッカー代表FW、兵役忌避3年…結局"帰国"して処罰受ける
ウィキツリー

※一部要約

彼が兵役法違反の処罰を甘受しても帰国する理由は家族のためだ。
ソク・ヒョンジュンはヨーロッパで韓国人女性と結婚、2020年に息子を授かった。
海外で不法滞留者の身分として暮らしていくのは容易ではないので決定を下したとみられる。

ソク・ヒョンジュンの正確な帰国日時は知らされていない。


※2018年のアジア大会メンバーに選ばれてたら運命変わってたかも……(当時はファン・ウィジョより欧州クラブ所属のソク・ヒョンジュンを望む世論のほうが多かった)。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...