"韓日ワールドカップからヒント→折り紙コンセプト"日、ワールドカップユニフォーム発表
スポーツ朝鮮



※一部要約

日本サッカー代表が2022カタールワールドカップで着る新ユニフォームを公開した。

日本の新ユニフォームは"オリガミ"(ジョンイジョプキ)をコンセプトにデザインされたのが特徴だ。



日本メディアによると、"2002韓日ワールドカップ決勝戦の後、勝者を祝うために日本の空に舞った270万羽のカード"からヒントを得た。



ユニフォームモデルになったMF久保建英は「グラフィック、デザインがすごく華やかで斬新だ。記憶されやすいユニフォーム」と語った。

久保は続けて「申し訳ないことに折り紙は下手だが、(折り紙は)日本の由緒ある文化の一つだ。世界的にも有名だと思う。ユニフォームコンセプトとして良い」と語った。


スポンサーリンク
楽天





日カタールワールドカップユニフォーム発表…久保と南野モデル
マイデイリー



※一部要約

アウェイユニフォームは白を背景に採用した。
ドイツサッカー代表のホームユニフォームを連想させるデザインである。

日本は2022カタールワールドカップでスペイン、ドイツ、コスタリカとE組に編成された。
E組のグループリーグを突破して16強に進出すればF組のベルギー、クロアチア、カナダ、モロッコのどれか1チームと会うことになる。




日カタールワールドカップユニフォーム、29年前の"ドーハの奇跡"も込めた
OSEN



※一部要約

特に日本は自国代表が"山と谷"の屈曲を経て進化を続けてきたという点を説明した。
その中には今回のワールドカップ開催地であるカタールで経験した"ドーハの悲劇"など、悔しさも経験したことを強調した。

(※94アメリカW杯予選で)韓国は北韓に3-0で勝ったが、同時刻に試合中だった日本がイラクに2-1で勝っているという便りに落ち込んでいた。
だが終盤にイラクが劇的な同点ゴールを成功させ、韓国が3回連続で本戦行きをすることになった。
韓国にとっては信じられない"ドーハの奇跡"としてこれまで記憶されている。


※代表ユニはアウェイのほうが個人的に好き……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...