"すべて出し尽くした闘魂"全北、浦和の拍手を受けて退場
OSEN



※一部要約

試合を終えた全北選手団は浦和ファンの拍手を受けて競技場を出た。
意外な姿だった。
だが最後まで最善を尽くした全北選手団は確かに拍手を受ける資格があった。

浦和との試合を控え、多くの選手が正常な状況ではなかった。
○人的な日程、そして高い湿度や暑い天候、また遠い移動距離など、日本で行われる2022ACLは手に余る日程の連続だった。

全北は今回の日程で3回目の延長を繰り広げた。
選手構成に余裕がある浦和に比べ、不十分な全北は熾烈に臨んで追加ゴールを放った。
相手守備の集中力が落ちたスキを逃さず奪う得点だった。

だが同点ゴールを許し、試合はPK戦になった。
圧倒的な応援を繰り広げる浦和ファンの叫び声の下でPK戦をした全北は惜しくも敗れてしまった。

だが浦和の観客は競技場を出る全北選手団に拍手を惜しまなかった。
全員立ち上がって拍手を送った。
自分たちが応援する選手だけでなく、試合で最善を尽くした相手を励ました。
かつて浦和ファンは人種差別論難まで起こした。
全北戦では完全に違った。


スポンサーリンク
楽天





120分ゴールの浦和ユンカー、「全北?最高のチーム…バーロウが最も威嚇的」
マイデイリー



※一部要約

試合終了後に会ったユンカーは「ACL4強戦で本当に厳しい相手と会った。全北は聞いていた通りアジア最高のチームの一つ」として首を横に振った。
全北で最も威嚇的な選手は誰だったかという問いに、「酒井宏樹が今日一番良かった」と答えた。
宏樹はヨーロッパ組出身の浦和レッズのDFだ。

再び"全北で"と聞くと、「全北で最も良かった選手?」と言った。
北欧人の発音の特性上、"チョンブク(Jeonbuk)"のjをyと発音したようだった。
ユンカーは「全北ではバーロウが恐ろしかった。スピードが本当に速くてDFを苦しめた。今日は本当にグッドゲームだった」と語って競技場を出た。




脱落した全北を励ましたホン・ミョンボ、「浦和ファンは日で有名」
スポータルコリア



※一部要約

蔚山はここ数年、全北と激しい優勝争いを繰り広げているが、一度も笑えなかった。
今度は必ずリーグ優勝の恨を晴らすという意志である。
蔚山はAFCチャンピオンズリーグのグループリーグで脱落し、リーグに集中することができる。
だが全北はACLで力を落とした。
25日の浦和レッズとの4強で、PK戦の血戦の末に苦杯をなめた。

これを見守ったホン・ミョンボ監督は「我々は何年も同じ形態(優勝争い)でやってきた。最後まで緊張を緩めてはならない」としつつ、「浦和ファンは日本でも情熱的なことで有名だ。ベテランがPKでキックに失敗した。埼玉に立つと重圧感がある」として、全北が決勝に上がれなかった物足りなさをあらわして励ました。


【関連記事】
浦和戦で好セーブ連発の全北イ・ボムス「これほど情熱的な応援は初めて」、キム・ジンスも「Kリーグも観客が多かったら…」


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...