ファン・ウィジョ、EPLノッティンガム移籍…今シーズンはオリンピアコスにレンタル
アイニュース24



※一部要約

代表FWファン・ウィジョがフランスの舞台を去ってイングランド・プレミアリーグのノッティンガム・フォレストに移籍した。

ノッティンガムは26日、クラブツイッターでファン・ウィジョの獲得を伝えた。

ただし、すぐにEPLの舞台でプレーするわけではない。
2022-2023シーズンはギリシャの名門オリンピアコスFCでレンタル身分としてプレーすることになった。

オリンピアコスはツイッターに韓国語で「ファン・ウィジョのオリンピアコス合流を歓迎します!」と記して合流を喜んだ。

具体的な契約の規模は知らされていないが、現在の報道によると400万ユーロを前所属のボルドーにまず支払った後、100万ユーロを追加オプションで支払う。
契約期間は3年だ。


スポンサーリンク
楽天





"ファン・ウィジョ獲得"ノッティンガム、18人獲得しても空腹…トッテナム3人衆獲得説
フットボールリスト



※一部要約

英国の"フットボール365"は27日、「ノッティンガムは今週にトッテナムの選手3人とリンクされた。セルヒオ・レギロン、ジェイフェス・タンガンガ、ハリー・ウィンクスの移籍が取り上げられた」と報じた。

ノッティンガムのスティーブ・クーパー監督が、EPL4ラウンドの事前記者会見で追加獲得の可能性を明かしていたが、選手名の言及は避けていた。

ノッティンガムは今夏の移籍市場で最も積極的に選手を連れてきたチームである。
昨夜はジロンダン・ボルドーに500万ユーロを支払って韓国代表FWファン・ウィジョを連れてきた。
何と18人目の獲得だ。

クーパーは「我々自ら競争できる最高の機会を与えたい。それが我々がしようとしていることのすべてだ。正しい野心を持っていることを見せたい」として、「どれだけさらに多く獲得したいかについての具体的な数字はない。そして私の数字は他の人と違うこともあり得る。だが多くのことが進行しており、去る人々もいるということだ。まだやるべきことが少し残っている」として、追加獲得についてヒントを残した。




UEL本戦に代表デュオが出る…ファン・ウィジョ、オリンピアコスでファン・インボムと同じ釜の飯
MHNスポーツ



※一部要約

オリンピアコスはUEFAチャンピオンズリーグ出場が不発となったが、ヨーロッパリーグではプレーオフでアポロン・リマソールを下して本戦行きのチケットを手にした。

これでファン・ウィジョはファン・インボムとともに、オリンピアコスで生涯初のUELをはじめとするヨーロッパ対抗戦本戦の舞台を踏むことになる。

ちょうど本戦組み合わせ抽選の結果、オリンピアコスがチョン・ウヨンの所属チームのフライブルクとともにG組に編成され、韓国代表の対決をグループリーグで見られることになった。


※UELで堂安律との元ガンバ大阪対決も……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...