"耐えられなかった1分"全北、浦和に延長追加時間に同点ゴール→PK戦負け
スポーツ韓国



※一部要約

奇跡のような勝利が目前に迫っていると思った。
だが延長後半の追加時間を耐えられず、結局全北現代はPK戦で敗れて涙を流した。

全北は25日午後7時30分、日本の埼玉スタジアム2002で行われた2022AFCチャンピオンズリーグ4強の浦和レッズ戦で、正規時間を1-1で引き分けた後の延長戦でも1-1となり、総合スコア2-2でPK戦を行った。
PK戦で1・2・4番キッカーがキックに失敗して1-3で敗れ、決勝進出に失敗した全北だった。



この日、全北は17本のシュートで枠内シュートを3本しか打てなかったが2ゴールを決めた。
一方、浦和は27本もシュートを打って10本の枠内シュートを記録し、全北に試合内容で優勢を見せた。

浦和は3年ぶりに再びACLの決勝に上がり、5年ぶりの再優勝に挑戦する。

ACL決勝は来年2月に行われる。


スポンサーリンク
楽天





"ペク・スンホ散歩"全北、3連続延長の接戦-PK戦ですべて出し切った
OSEN



※一部要約

激しい試合で"散歩セレモニー"まで披露してKリーグチャンピオンの自尊心を守った。

(※PK)キッカーとして出たペク・スンホが冷静なシュートで得点、試合を1-1にした。
ペク・スンホはゴールを決めた後、散歩セレモニーを繰り広げた。
パク・チソンアドバイザー、そしてレジェンドのイ・ドングに続いて再び埼玉で散歩セレモニーを披露した。
ところが観客が散歩セレモニーに向けてブーイングを吐き出した。
だが全北選手団はペク・スンホの得点と散歩セレモニーで雰囲気を完全に変えた。

この日、競技場を訪れた観客は試合開始から絶えることなく浦和レッズと叫んで大きな声援を送った。
だが全北は揺れることなく激しい試合を続けた。
遠い日本まで全北を応援するために緑色のユニフォームを着て競技場を訪れたファンもいたからだ。

体力が落ちた全北は結局、PK戦で惜しくも勝利を逃して2022ACL決勝行きのチケットを譲った。
だが3試合連続延長まで試合を導いてKリーグの自尊心を守った。




全北は"どっかり"・浦和は"生き生き"…"3連続延長"を持ちこたえたのはすごかった
エクスポーツニュース



※一部要約

全北にとっては薄情な準決勝だった。
全北は今回のトーナメントで何と3試合連続延長の血戦を繰り広げた。
大邸FCとの16強戦をはじめ、8強のヴィッセル神戸戦も延長戦で勝負を決めた。
今回の対戦まで全北は一週間で何と360分、そこにPK戦まで繰り広げる血戦をした。

一方、浦和は先の2試合をどちらも正規時間内に終わらせた。
16強戦のジョホール・ダルル・タクジム、8強戦のBGパトゥムに5-0、4-0で大勝した浦和は体力的な余裕があった。

これはこの日の試合後半終了後にはっきりとあらわれた。
主審の終了ホイッスルが鳴ると全北の選手は全員倒れてベンチ前に座っていた。
トレーナーと医務チームが座っている選手をチェックするのに忙しかった。
一方、浦和の選手は全員立ったまま監督の指示を聞いていた。
両チームの体力差がどれだけあったのかがわかる項目だった。

それでも全北は延長で先制ゴールを決め、ムン・ソンミンが何度もゴールを脅かして差を広げようと努めた。
全北の決勝進出失敗は残念だが、拍手を受けて当然の部分である。


※寝落ちして見れなかった……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...