全北Kリーグの自尊心守った!日神戸下してACL4強…グスタボ決勝ゴール
スターニュース



※一部要約

全北現代がKリーグの自尊心を守った。
Jリーグのヴィッセル神戸との韓日戦で勝利を手にして優勝の希望を継続した。

全北は22日午後4時、日本埼玉の埼玉スタジアム2002で行われた2022AFCチャンピオンズリーグ8強の一発勝負で、頭を相手に延長戦の末に3-1の逆転勝ちをした。
これでKリーグチームの中で唯一ACLで生き残っていた全北は、4強進出まで達成した。

全北が4強で勝利すれば、西アジアの決勝進出チームと来年2月にホーム&アウェイでチャンピオンのタイトルをかけて争う。




スポンサーリンク
楽天





母親の喪を経て戻ってきたバーロウ、6年ぶり準決勝の"一等功臣"
エクスポーツニュース



※一部要約

バーロウは7日の蔚山現代とのKリーグ1・2022の25ラウンド"現代家ダービー"に出場した後、18日の大邸FCとの16強戦で交代出場して復帰し、この日の試合が先発復帰戦だった。

バーロウは現代家ダービー当日の朝、故国スウェーデンから母親の訃報を聞いた。
彼はこの事実をキム・サンシク監督とコーチングスタッフだけに知らせ、同僚には伝えなかった。
彼は現代家ダービーで、0-1でリードされていた後半に同点ゴールを炸裂させてチームの1-1の引き分けを導いた。
同僚は試合後にバーロウの母親の消息を聞いた。

バーロウは現代家ダービーを終えた後、9日に故国のスウェーデンに向かい、葬儀を終えてから全北に復帰して今回のチャンピオンズリーグの日程に参加した。

バーロウは神戸戦に先発して、相手の右SB尾崎優成を一貫して苦しめた。
特に同サイドのSBであるキム・ジンスとともに前進し、全北の主要な攻撃ルートになった。

バーロウは1ゴール1アシストでチームの勝利に貢献し、今の全北のエースであることを、母親の喪で席を外した後で改めて証明した。
同僚は試合後、バーロウを肩車して祝福した。




"散歩セレモニー"に継ぐ"管制塔ラウラー!"ムン・ソンミンの爽快な一発
フットボールリスト



※一部要約

全北に勝利をもたらした選手は1ゴール1アシストをやり取りしたグスタボとバーロウだったが、名シーンは後半追加時間に出た。
神戸は前川黛也GKまで上がっていた状況だったのでゴールが空いていた。
ムン・ソンミンはボールを押し込んだ後、両足を合わせてぴょんぴょんと跳ねて両腕を上に広げる踊りをした。
ンターネット放送人ガムスト特有の動作を取ってきた、ムン・ソンミンの固有セレモニー"管制塔"だった。

韓国サッカー史の印象的な2つのシーンを連想させた。
相手ゴールが空いているところに押し込むシュートは、2018ロシアワールドカップで韓国がドイツを下した試合のようだった。
会場の埼玉スタジアムは2010年のパク・チソンの"散歩セレモニー"が繰り広げられた場所だ。
今度は滑稽で癪に障るバージョンの新たな名シーンが誕生した。


※ヴィッセル神戸の先発を見て無理だと思った……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...