"ペク・スンホvsイニエスタ"かつてのバルサ同僚、ACL8強でビッグバン(ft.ムゴシャ)
マイデイリー



※一部要約

スペインFCバルセロナ出身のペク・スンホとアンドレス・イニエスタがアジアの舞台で激突する。

20日午前11時、日本埼玉県の埼玉スタジアム2002でAFCチャンピオンズリーグ8強の抽選式が行われた。
抽選の結果、全北-ヴィッセル神戸、BGパトゥム-浦和レッズのマッチが実現した。

全北とヴィッセル神戸にはバルセロナ出身選手が1人ずついる。
全北のMFペク・スンホは2010年から2017年までバルセロナユースとBチームに身を置いていた。
1軍チームの公式戦でプレーしたことはないが、1軍の練習に数回参加した。
2021シーズンに全北に移籍した。
今回の2022シーズンには副主将に選任された。

ヴィッセル神戸のMFイニエスタもやはりバルセロナユース出身だ。
イニエスタは1996年にバルセロナユースに入団し、2018年までの20年以上をバルセロナだけでプレーしたレジェンドである。
優勝カップを30個も掲げ、2018年夏に日本のヴィッセル神戸にチームを移した。
現在はヴィッセル神戸の主将だ。

ヴィッセル神戸には国内ファンに馴染みの選手がもう1人いる。
今夏にKリーグの仁川ユナイテッドからヴィッセル神戸に移籍したステファン・ムゴシャがその主人公である。
ムゴシャは2022シーズンのKリーグに18試合出場し、14ゴールを決めて日本に行った。
それでも依然としてKリーグ得点1位だ。

全北とヴィッセル神戸のアジアチャンピオンズリーグ8強戦は22日午後4時に埼玉スタジアム2002で行われる。


スポンサーリンク
楽天





"ヴィッセル神戸と対決"全北キム・サンシク監督、「Kリーグの自尊心のためにプレーする」
OSEN



※一部要約

キム・サンシク監督は組み合わせ抽選のイベントを終えた後、「2022ACL優勝のためには日本チームとの対決が避けられない。Jリーグでヴィッセル神戸の成績が良くないのは事実だが、横浜との試合を見たときは鋭い姿を見せていた。我々はKリーグの自尊心を守るために頑張らなければならない。二日間で徹底した相手の分析をするためにしっかり準備する」と覚悟を明かした。

大邸との16強戦で120分の試合を繰り広げた状況について、キム監督は「数名の選手が痛みを感じている。大きな負傷ではないがコンディションは100%じゃない。だが言い訳はできない。精神的な部分をしっかり克服し、韓日戦だという悲壮な覚悟で臨まなければならない」と説明した。

また、ヴィッセル神戸の重要な選手については「アンドレス・イニエスタと最前方のFWが良い。もちろんムゴシャも良い選手だ。現在の成績が良くないのは事実だが、油断してはならない。勝利のために無条件に努力しなければならない」と強調した。




「30年前のサッカーを見た…」ACL全北-大邸戦を日本"酷評"
スターニュース

※一部要約

全北現代・大邸FC戦について「30年前のサッカーを見ているようだった」という日本メディアの"酷評"が出てきた。

日本のJスポーツは19日、Kリーグチームと日本Jリーグチーム(ヴィッセル神戸-横浜F.マリノス)の対決として前日に繰り広げられたACL16強の2試合を分析した記事で「大邸は引いて守備に専念し、全北が攻撃する状況が120分間続いた試合だった」と評価した。

メディアは「Kリーグで残留争いをしている大邸が、韓国を代表する強豪チームの全北を相手に選んだのは守備固めの戦術だった」として、「DF5人が全北の攻撃を防いだ後、ロングボールで前方に布陣する2人のブラジルFWに攻撃を任せる形だった」と分析した。

「両チームのこの日の試合は、守備から攻撃への切り替えが遅れるなど、Jリーグ発足前の30年くらい前のサッカーを見ているようだった」と強調した。

一方、続けて行われた神戸と横浜の試合については「先の全北-大邸戦とは対照的に、両チームは攻撃的な試合を展開した」として、「ハイレベルの興味深い攻防だった。シュート数も神戸は18本、横浜は19本を記録したほど」と好評した。

それとともに「少なくとも先の16強戦の競技力を見れば、日本チームの優位は揺るがないように見える」として、「Jリーグチームは韓国の強豪である全北を相手にJリーグのレベルの高いサッカーを駆使し、来年2月に行われるACL決勝進出を目標にしてほしい」と付け加えた。

一方、Kリーグは2020年の蔚山現代(優勝)や2021年の浦項スティーラーズなど、最近2年連続でACL決勝進出チームを輩出した。
今大会では全北がKリーグチームの3年連続決勝進出に挑戦している。
Jリーグチームが決勝に上がったのは2019年の浦和レッズが最後だ。
ACL決勝進出回数でもKリーグは19回(1位)、Jリーグは11回(3位)である。


※ムゴシャは出番あるのかな……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...