日本、ベテランを東アジアカップ除外…U-21の大挙乗船予告
スポーツ京郷



※一部要約

日本はEAFF E-1フットボールチャンピオンシップ(以下東アジアカップ)に完璧な戦力では出ないものとみられる。

7月は韓国、日本、中国でリーグが進行中だがヨーロッパは休息期だ。
そのためヨーロッパ組選手の選出は可能だが、ワールドカップ前に開かれるので戦力点検次元の側面が大きく、ワールドカップに出場する韓国と日本はどちらも完璧なベスト戦力を構築することはないとみられる。
韓国のパウロ・ベント監督がまだ戦力構成に言及していない反面、日本の森保一監督はベスト戦力を選出しないと早くから明かし、改めてその旨を確認させた。

森保監督は28日に行われたオンライン記者会見で「ワールドカップ出場経験のある選手を全員除くわけではない。だができるだけ招集しない咆哮で考えている」と明かした。

すでに除外を決めた選手もいる。
森保監督は大迫勇也、長友佑都、酒井宏樹は外すと明かした。
ワールドカップ及び代表での経験が豊富で、今回の招集の趣旨とは合わないためと明かした。
あえて呼んで点検する必要はないという意味である。

代わりに新顔を大挙呼ぶ計画だ。
最近、ウズベキスタンで開かれたAFC U-23アジアカップに参加した21歳代表の選手を抜擢する計画を明かした。

森保監督のこのような決定は、ワールドカップのエントリーが23人から26人に増えることにより、より多くの選手を活用する必要もあるためだとみられる。


スポンサーリンク
楽天





"ドイツ+スペイン"日本、ワールドカップ死の組"1位"選定…韓国のH組は5位
インターフットボール



※一部要約

果たして日本は死の組で生き残れるのか。

サッカーメディアの"The18"は27日、2022カタールワールドカップの組分けを基に死の組順位を選定して発表した。

まずパウロ・ベント監督が率いる大韓民国の属するH組は、8組中5番目に難易度が高いと評価された。
韓国はポルトガル・ウルグアイ・ガーナと16強進出をかけて争う。
組分けの当時は、死の組ではないがもっぱら肯定的にだけ見ることはできないという評価が主だっていた。

当該メディアは「韓国は10回連続ワールドカップ本戦進出に成功した。ソン・フンミンが最高の選手に浮上しただけに、期待感がいつにも増して高い」として、韓国の戦力を高く評価した。
他の3ヶ国については最近の流れが良いと分析した。

ワールドカップヨーロッパプレーオフで辛うじてワールドカップに進出したポルトガルだが、UEFAネーションズリーグでは巡航中だ。
ウルグアイもディエゴ・アロンソに監督を交代してから安定感を取り戻した。
ガーナは戦力分析が容易ではない。
サッカー協会次元で、二重国籍の選手をガーナ選手としてプレーさせようとしている努力がまだ続いている。

日本が属するE組が死の組順位1位だった。
日本はドイツ・スペイン・コスタリカと同じ組になった。
"The18"は「ドイツとスペインが一緒になれば問題が生ずる。ドイツは2018ロシアワールドカップとユーロ2020で失望したが、ハンジ・フリック監督体制の13試合で敗北がない。スペインはユーロ2020で4強に上がり、ルイス・エンリケ監督には計画がある」として、ドイツとスペインの戦力を高く評価した。

日本の客観的戦力が低いとは言えないが、明らかに16強進出が茨の道なのは事実である。
ドイツとスペインは現在、ヨーロッパで最も強力な競技力を見せているチームに属する。
コスタリカも絶対に無視できない底力を持っている。

最も組分けが楽なグループには、フランス・デンマーク・オーストラリア・チュニジアが属するD組が選ばれた。
オーストラリアとチュニジアの戦力はフランスとデンマークに届かないため、異変は起きないと判断された。
戦力だけ見ればそうだが、最近のフランス代表は雰囲気が良くない。
ネーションズリーグでも降格の危機に直面し、ディフェンディングチャンピオンのジンクスも無視できない。


【関連記事】
【カタールW杯】イ・チョンス兄さん、日本が死の組に入った瞬間えげつない表情で歓喜
韓国メディア:真の死の組は日本ではなく韓国のH組…ウルグアイ最大紙は2002W杯の4強神話を蔑視
【カタールW杯】韓国メディア:コスタリカは8年前に死の組で1位、日本は1勝できるか?

※突破が極めて難しいグループなのは間違いない……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...