オ・セフンvsチョン・ソンリョン、コリアンJリーガー対決
スポーツ京郷



※一部要約

2人の太極戦士オ・セフン、チョン・ソンリョンが日本で対決を繰り広げる。

川崎フロンターレの主戦GKとして活躍しているチョン・ソンリョンと、今シーズン清水エスパルスのユニフォームを着ることになったオ・セフンがJリーグで会うことになった。
オ・セフンが蔚山現代所属だった去年9月、AFCチャンピオンズリーグ16強で会って名シーンを演出したことがある両選手が、日本で韓国サッカーの底力を見せるのか関心が集まっている。




スポンサーリンク
楽天





"決めるのか防ぐのか"オ・セフン対チョン・ソンリョン、コリアンJリーガー対決
フットボールリスト



※一部要約

川崎対清水は7日午後2時、SPOTVで生中継される。
PC/モバイル中継はスポーツOTTサービスのSPOTV NOWで視聴可能だ。

オ・セフンは2月に清水移籍を完了した。
コロナ19の防疫指針などでチーム合流が遅れ、シーズン序盤はスカッドになかなか入らなかった。
その後、先月6日の浦和レッズ戦でデビューして29分間活躍した。
続くガンバ大阪戦では先発出撃してゴールまで味わった。
わずか2試合で実力を証明したオ・セフンである。

だがオ・セフンはこれまでにリーグカップを含めて6試合、合計242分にとどまっているため、信頼をさらに積む必要がある。
清水はJ1リーグ18チームの中で12位に留まるなど、成績が振るわない。
立場を固めるには得点を担わなければならない。

チョン・ソンリョンは川崎で不動の主戦GKだ。
今シーズンのACL、日本スーパーカップ、J1リーグまで全試合に出場中である。
37歳でも健在な実力を発揮している。

川崎は現在J1リーグ2位だ。
1位の鹿島アントラーズより1試合少ない状況で、勝ち点5差で追撃している。
オ・セフンが身を置く清水より状況ははるかに良い。
チョン・ソンリョンは去年のACL16強で蔚山と会い、オ・セフンの絶妙なヘディングシュートを好セーブする名シーンを演出したことがある。
当時、結果は蔚山のPK戦勝利だった。

Jリーガーに変身したオ・セフンは今回も笑えるだろうか。
ベテランJリーガーであり、強豪チーム川崎の守門将であるチョン・ソンリョンが防ぐのか。
2022J1リーグ12ラウンドの清水対川崎は7日午後2時にSPOTV、SPOTV NOWで生中継される。


【関連記事】
韓国メディア:国内企業が日本のプレミアリーグ中継権も獲得…DAZNは再販要請のため値上げ

※日本では多分視聴できない……?


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...