激怒したヨーロッパ組出身の中代表選手、「隔離だけで6回なのに我々を嘲弄するのか?」
OSEN



※一部要約

中国の直播ドットコムは26日、「中国サッカー代表のチャン・ユーニンが、自分たちを嘲弄する自国内の世論に怒った。彼は中国サッカー代表選手が無理な日程を消化していると主張した」と報じた。

今回の中国サッカー代表は2022FIFAカタールワールドカップ本戦進出に失敗した。
韓日共催だった2002ワールドカップ進出を除けば、ワールドカップ本戦の舞台を踏めずにいる。

特に今回のワールドカップ進出を狙っていた中国は、莫大な資金を投資して様々な選手を帰化させたが、結果は失望この上なかった。
10試合を行ってわずか1勝しかおさめず、勝ち点6(1勝3分け6敗)のグループ5位で予選を終えた。

唯一の1勝の相手は一段下と見ていたベトナム。
だが多くの帰化選手なしで出たベトナム遠征では逆に1-3で敗れたりもした。

特にコロナ以降、中国サッカーが自国リーグを最大限に閉鎖して代表の合宿練習を進めていたという点を考慮すれば、最悪の成績。

自然と中国内での世論も冷ややかである。
そのような雰囲気について、ヨーロッパ組出身の中国サッカー代表FWチャン・ユーニンは不満を吐露した。

SBVフィテッセ-WBA FC-ヴェルダー・ブレーメン-デン・ハーグを経て北京国安でプレーしているチャン・ユーニンは、自身の微博に「コロナ以降、中国サッカー代表が別個で隔離されたことだけで今回が6回目だ。今度は21日間海南で閉鎖される」とため息をついた。

続けて「我々は再び集まって練習するだろう。さらに、36度を越える高温で午前のウォーミングアップ練習をするだろう」として、「このような状況でも無知蒙昧な人々が我々を嘲弄するのは無知である」と不満を吐露した。


スポンサーリンク
楽天





中専門家、「中国は"サッカー大衆化"そのものが問題…毎年5000人水準」と嘆息
インターフットボール



※一部要約

"サッカー崛起"中国は結局ワールドカップに進出できなかった。
中国サッカーの専門家として有名なジャン・ルウは、中国が"サッカー大衆化"問題を体験していると指摘した。
全体の人口は14億人だが、サッカーをする子供は5000人余りに過ぎないという内容である。

中国の新浪スポーツは「ジャン・ルウは"フットボールナイト"とのインタビューで、中国サッカーの発展が難しい理由を分析した。彼は幼少年の訓練ではなく、小学校と中学校でサッカーが大衆化しなければならないと信じている」と報じた。

メディアによるとジャン・ルウは「サッカー大衆化はまったく違うものだ。サッカー強国のドイツとブラジルは、サッカーをする子供の数が最も多い。フランスと英国も数百万人の子供がいる。日本は100万人の学生がいる。オランダのような小さな国もやはり50万人いる」として、年平均5000人余りに過ぎない中国が彼らに追いつくのは難しいと説明した。

中国はサッカー狂として知られる習近平国家主席が執権してから、大々的な投資を強行した。
アジアの一流リーグに生まれ変わるという目標の下、中国スーパーリーグ(CSL)には世界的な名将とワールドクラスの選手が大挙合流した。



マルチェロ・リッピ、ルイス・スコラーリ、スヴェン・ゴラン・エリクソンらの司令塔はもちろん、ディディエ・ドログバ、カルロス・テベス、ハビエル・マスチェラーノ、オスカルらヨーロッパの舞台を輝かせた選手も中国の舞台を走った。

中国クラブがACLでも頭角を現した中で、代表にも大きな変化があった。
ブラジル出身の傭兵エウケソンをはじめとしてニコラス・イェナリス、アラン・カルヴァーリョ、ティアス・ブラウニングらが中国に帰化して、五星紅旗を胸につけてグラウンドを走った。

だが野心的に始めた"サッカー崛起"は今回も実を結べなかった。
中国は2022FIFAカタールワールドカップ本戦進出を狙ったが、最終予選B組の最下位圏まで墜落して沈没した。
10試合で1勝3分け6杯を記録し、最弱体のベトナムを相手にペレスコア(※3-2のこと)の末、辛うじて勝利したのがすべてだった。
ジャン・ルウは中国がワールドカップに出るためには"サッカー大衆化"という根本的な問題から解決しなければならないと指摘した。


【関連記事】
韓国メディア:中国が「日本サッカー学ぼう!」と異例的な記事
韓国メディア:ACLで大惨敗が続く中国サッカー、日本開催のE-1選手権にはU-23代表が出場

※日本代表は中国がオーストラリアと引き分けて助けられたけど……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...