日本が"死の組"に選ばれた瞬間、イ・チョンスが見せた激しい反応
ウィキツリー



※一部要約

元サッカー選手イ・チョンスが日本の"死の組"編成の瞬間に見せた反応が目を引いている。

イ・チョンスは2日、ユーチューブチャンネルでワールドカップ組み合わせライブ放送を行った。
この日、カタール・ドーハの展示コンベンションセンターではカタールワールドカップ本戦組み合わせ抽選が進行された。

イ・チョンスはリアルタイムで組み合わせ抽選を見守り、いらだちを隠せなかった。
スペインとドイツが属する、いわゆる"死の組"の抽選順になるとイ・チョンスは「(死の組に入る確率は)33%だ。他チームの話はしない。わけもなくそう思った」と抽選結果に注目した。

"死の組"に日本が呼ばれるやいなや、イ・チョンスか歓呼して喜びをあらわした。
彼は拍手をして拳をギュッと握り、激しい反応を見せた。


スポンサーリンク
楽天









イ・チョンスは「日本は(試合に)出てははらない。出て行ってはいけない」と言ったりもした。



その後、韓国がポルトガル・ウルグアイ・ガーナとH組に編成されると、イ・チョンスは「これくらいなら大当たりになった。本当にやってみる価値がある。なかなか良い組」と評価した。




イ・チョンス発言に日メディア不快「嬉しいようだ」
STNスポーツ



※一部要約

3日、サッカー専門メディアのサッカーダイジェストは「Jリーグの大宮アルディージャでプレーしていたイ・チョンスが"日本はワールドカップでプレーしないほうが良い"などの冗談を言って大爆笑した」として、「韓国が"死の組"を避けて日本が編成された状況がとくて嬉しいようだ」と皮肉った。

サッカーダイジェストは「ライバルが"死の組"に入ったとなれば、やはり嬉しい悲鳴が出るほかない」と苦々しさを隠さなかった。

イ・チョンスは2010年から2011年までJリーグの大宮アルディージャで活躍した経験がある。


【関連記事】
【カタールW杯】韓国反応:日本はスペイン、ドイツと「死の組」!韓国は無難な組

※芸人の顔芸以上にすごい……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...