Kリーグ復帰を決心したファン・インボム、FCソウル行き迫る
スポーツ朝鮮



※一部要約

Kリーグの移籍市場はまだ終わってなかった。
"超大型大魚"が残っている。
FIFA特別規定の適用を受ける代表主戦MFファン・インボム(26、ルビン・カザン)がKリーグ復帰を測っている。

ファン・インボムは先月末までは、4日に予定されていた出国日に合わせてカザンに合流する計画だったが、ロシアの不安定な情勢や負傷の状態、関心を示すKリーグクラブの登場などを総合的に検討した末、Kリーグ復帰に方向を定めたという。

ファン・インボムは国内復帰のために直接動いた。
まず古巣の大田から訪れた。
先月31日、直接大田に行ってサポーター十数人とミーティングを行い、"すぐには大田ハナに入団できない理由"について説明し、了解を求めたという。
6月のAマッチ親善試合を前に、1部で競争力を維持しなければならない必要性を力説したという後聞。

終盤にどのような変数が起きるかはわからないが、現在としてソウル行きが有力とみられる。
関係者は一両日中に移籍の可否が決まると観測している。


スポンサーリンク
楽天





[単独] "ベント号の皇太子"ファン・インボム、Kリーグ復帰する…ソウル有力
フットボールリスト



※一部要約

サッカー界の複数の関係者は1日、フットボールリストに「ファン・インボムが国内復帰を推進する。激しい競争の末にFCソウル行きが迫った。近いうちにメディカルテストがあるだろう」と伝えた。

ファン・インボムは2015年に大田シチズンでデビューした後、代表級のMFに成長した。
2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会の優勝メンバーとして活躍し、パウロ・ベント監督の信任を得て代表乗船にも成功した。
その後は主戦MFとして活躍し、Aマッチ30試合5ゴールを記録した。

すでにヨーロッパ組だ。
2020年にバンクーバー・ホワイトキャップスを去ってロシア・プレミアリーグのルビン・カザンに入団した。
ロシアでも攻撃的能力を存分に誇り、核心MFに浮上した。
ロシア・プレミアリーグ35試合5ゴール5アシストを記録した。

だが2月から始まったロシアのウクライナ侵攻により、去就が不透明となった。
ロシアチームの国際大会参加が不可能となり、外国人選手は臨時のFA資格を得た。

ちょうど足の指骨折の負傷を治療するため国内に戻っていたファン・インボムも、Kリーグ復帰を打診した。
2022カタールワールドカップ本戦が迫る中で、試合感覚の維持のためにプレーできるチームが必要だった。
Kリーグチームも激しい競争をした。
その過程でFCソウルと水原FC、城南FCなどが行き先の候補に挙げられた。
FIFAが定めるファン・インボムの特別登録のデッドラインは7日である。

選手の最終決定だけが残された状況だが、ソウル行きに最も重きが置かれている。
ソウル側もファン・インボム獲得に努めていると認めた。
ユ・ソンハン団長は「調べているところだ。4月7日までに終えなければならない。まだ成功したということにはならない。ファン・インボムがロシアに戻らないと決めたなら、Kリーグが最も有力だ。多くのクラブが関心を持っており、選手の最終決定が残っている」と説明した。

最近、全北からハン・スンギュ獲得を終えたソウルがファン・インボムを獲得することになれば、Kリーグで最も良い中盤を設けることになる。
アン・イクス監督は様々な役割を担えて、ダイナミックなサッカーを駆使できるという点でファン・インボム獲得に期待を寄せている。


※橋本拳人と同じ……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...