"レオナルド4連続得点砲"蔚山、浦項を2-0で退け6連勝の首位疾走
スポータルコリア



※一部要約

蔚山現代が虎穴で浦項スティーラーズを制圧した。

蔚山は27日午後2時、文殊サッカー競技場で行われた浦項とのハナワンキューKリーグ1・2022の6ラウンドで2-0の勝利をおさめた。
これで5勝1分けの勝ち点16で単独首位を疾走した。
AFCチャンピオンズリーグのプレーオフまで含めれば、公式6連勝である。
レオナルドは4試合連続ゴールで確かな解決士として位置づけられた。




スポンサーリンク
楽天





蔚山、浦項との東海岸ダービーに2-0勝ち"首位疾走"
MKスポーツ



※一部要約

当初、この試合は今月20日に行われる予定だった。
しかし蔚山選手団にコロナ19患者が多数発生したため、Aマッチ休息期のこの日に行われた。

蔚山ははキム・ヨングォン、キム・テファン、チョ・ヒョヌ、ヴァコらの主軸選手が代表に選出されたり、コロナ19の影響で出場できない状況であっても浦項を圧倒した。
首位も堅守した。
逆に浦項は3勝1分け2敗で4位に留まった。




"4試合連続ゴール"レオナルド、もう蔚山に弱点はない
スポータルコリア



※一部要約

レオナルドは浦項守備陣の激しい牽制で何度か倒れた。
戦い続け、闘志あるプレーで対抗した。
ボックス付近で忙しく動いた。

後半開始1分も経たずに蔚山がチャンスを掴んだ。
レオナルドがオム・ウォンサンとのパスプレーの後、ゴール前でシュートした。
無情にもゴールポストを強打した。

これが信号弾だった。
後半25分、レオナルドは浦項のアークからドリブルで密集守備をかわした後、右足シュートでゴールを決めた。

蔚山はこれまで解決士の不在に頭を悩ませていた。
野心的に獲得したレオナルドが早くも適応し、前方で高度な決定力によりチームの勝利を導いている。
唯一の弱点までなくなった。
連勝街道を走り、気分良くAマッチ休息期を迎えることになった。


【関連記事】
蔚山がJリーグ得点王出身のレオナルドを獲得…「私だけの価値、強みをグラウンドで証明」

※天野純もCKから2点目をアシスト……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...