4連敗に虚しい久保、「3ゴール決めても4失点で敗北…凄惨な結果」
インターフットボール



※一部要約

久保建英がチームの不振に失望感をあらわした。

レアル・マジョルカは7日午前2時30分、バライドス競技場で行われた2021-22シーズン・スペイン・ラ・リーガ27ラウンドで、セルタ・デ・ビーゴに3-4で敗れた。
この日の敗北でマジョルカは4連敗の不振に陥り、勝ち点26に留まって16位を維持した。

4連敗したマジョルカは降格圏の18位カディスと勝ち点2差しかない。
次のラウンドの結果によっては降格圏に墜落しかねない、絶体絶命に陥ったマジョルカだ。
弱り目に祟り目で、次の試合の相手は"1位"レアル・マドリードである。

試合後、インタビューに出た久保は心残りを隠さなかった。
久保は負傷からの復帰後、ガルシア監督がフォーメーションを変えてから着実に主戦で出ているが、明確な活躍をできずにいる。
今回の対戦でも大きな印象を残せないまま後半12分に交代させられた。

久保は「3ゴールを決めたが、4失点してとても複雑な心境になった。不可能な状況になり、結局我々は試合をダメにした」と語った。
続けて「成績はかなり良くないけど、進み続けなければならない。倒れることはできない。ファンのために早く頭を上げて、これから前進する必要がある。我々はもうレアル戦を準備する」と付け加えた。


スポンサーリンク
楽天





「なぜイ・ガンインと久保を同時起用しないのか」むしろ日列島が不満爆発
スターニュース



※一部要約

イ・ガンインは最近になって再びチーム内の立場が大幅に下がった。
スペイン現地も日本列島も訝しんでいる。

日本のサッカーダイジェストウェブは7日、「"なぜ久保建英とイ・ガンインの2人を同時に起用しないのか。理解できない"とスペイン現地サポーターズの不満混じりの声が出ている」と伝えた。

この日のマジョルカはセルタ・デ・ビーゴとのアウェイ試合に3-4で敗れた。
イ・ガンインは後半22分に久保建英と交代して25分ほど消化したが、チームの敗北を防げなかった。

この日を含めてイ・ガンインは、コロナ19イシューで外れた試合を除き、リーグ7試合連続で先発から外れた。
最近は5試合連続で交代で出ている。
3連敗に陥っているチーム状況で雰囲気の反転が必要でもあるのに、イ・ガンインはそれでも先発から外された。
イ・ガンインの現状が思っているより良くないという意味にも解釈できる。
出場時間が20分前後しかなく、反転の足場を用意するのは難しい時間だ。

メディアは「久保が抜けてイ・ガンインが入るのがすでに定型化された。ルイス・ガルシア監督以下、コーチングスタッフは技術に優れた2人を同時に起用しようとしない。以前にガルシア監督は、久保とイ・ガンインを同時に投入したら守備が弱まると言ったことがあるが、リードを許している状況なら話は変わる」と指摘した。

それとともに、現地で溢れている不満の声も紹介した。
「なぜ久保とイ・ガンインを一緒にプレーさせないのか。理解できない」、「感謝しているがガルシア監督はもう去らなければならない」、「監督解任!」など、サポーターズも不満を吐露した。


【関連記事】
韓国反応:マジョルカの久保建英が決勝点に関与…イ・ガンインは交代出場で評点6.6
韓国メディア:中国が「ウー・レイはアジアFWで3位」と荒唐な主張…ファン・ヒチャンや久保建英は?

※同時起用しなくても4失点、同時起用したら……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...