もう1人のSONNYがEPL進出か…サウサンプトン、ソン・ジュンホに関心
ニュース1



※一部要約

英国の地域紙"デイリーエコー"は8日、「中国の山東泰山のMFソン・ジュンホがサウサンプトンとリンクされている」と報じた。

ソン・ジュンホは2020シーズン終了後に全北現代を去って中国の舞台に進出、2021年に山東のリーグとFAカップ制覇を導いた。

中国メディアの"新浪スポーツ"もソン・ジュンホのEPL進出の噂を紹介した。
メディアは「ソン・ジュンホは山東で核心選手としての地位を確立し、そのためサウサンプトンが強い関心を持っている」として、「サウサンプトンはソン・ジュンホの誠実さに大きな魅力を感じた」と付け加えた。

トットナムで活躍中のソン・フンミンはすでにEPL最高の選手の1人としての地位を確立し、多くの関心を集めるスターとなった。
現地メディアはソン・フンミンの姓にあやかってSONNYという愛称で呼ぶ。
もしソン・ジュンホのサウサンプトン移籍が実現すれば、2人の"ソン"がEPLで走ることになる。

一方、ソン・ジュンホは山東と2023年12月まで契約している。




スポンサーリンク
楽天





"山東の星"ソン・ジュンホ、PLサウサンプトンの関心受ける [単独]
OSEN



※一部要約

サッカー界の消息筋は7日、「ソン・ジュンホがプレミアリーグクラブの関心を集めている。その中でも最も強い関心を示しているのはサウサンプトン」と明かした。

続けて「サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督が韓国選手について高く評価している。サウサンプトンだけでなく複数クラブが彼を見守っている」と伝えた。

ソン・ジュンホは山東の2021シーズンリーグ優勝と中国FAカップの頂点登極を牽引した。
山東が創立以降にリーグとカップ大会をどちらも席巻したのは初めてだった。
消息筋は「中国内でオスカル(上海)より大きな活躍をしたと認められるソン・ジュンホは、山東の核心選手としての地位を確立した。中国内での活躍を基にプレミアリーグが関心を示している」と説明した。




中国を平定したソン・ジュンホ、"EPL昇格目前"フラムが望む
フットボールリスト



※一部要約

あるサッカー界の関係者は「フラムがソン・ジュンホの獲得を打診した。獲得費用と条件を問い合わせるなど、具体的にアプローチした。先に報じられたサウサンプトンもやはり関心を持っているのは正しい」と伝えた。

フラムはイングランド・チャンピオンシップ(2部)だが、昇格が有力なチームである。
全体46ラウンドのうち34試合を消化した中で、勝ち点73で1位を走っている。

フラムは来シーズンの昇格に備えるため、獲得の水面下作業の一環としてソン・ジュンホを候補群に上げた。
ソン・ジュンホは山東泰山で少なくない年俸を受けており、全盛期の30歳だ。
将来を見据えた獲得ではなく、即戦力感として活用するための獲得対象である。

ソン・ジュンホは去年、山東の中国スーパーリーグ優勝を導き、リーグで最も優れたMFと認められた。
パートナーMFのマルアン・フェライニがEPLのマンチェスター・ユナイテッドとエバートンを経てきたスターで、技量を間接比較することができた。
スーパーリーグを去る選手が増える傾向と、フェライニの現在の技量を確認しておこうとしたスカウトが、むしろソン・ジュンホに関心を持つことになるケースもあったという。

イングランド1・2部を合わせて複数クラブがソン・ジュンホ獲得に関心を持っているが、中国でもソン・ジュンホの価値は相変わらずだ。
山東は11年ぶりにリーグ優勝をもたらしたソン・ジュンホを長く引き留めようという立場である。
ヨーロッパクラブがソン・ジュンホを連れて行くには、少なくない移籍金と年俸を提示してこそ実現できる。


※デイリーエコーの記事を調べたら、「韓国メディアがこう報じている」という内容だった……。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...