"イ・ガンイン欠場"マジョルカ、4連敗断ち切って降格圏との差広げる
フットボールリスト



※一部要約

マジョルカが4連敗を断ち切ってスペイン・ラ・リーガの降格圏との差を広げた。
イ・ガンインはプレーできなかった。

6日、ヴィジット・マジョルカ・エスタディで2021-2022スペイン・ラ・リーガ23ラウンドを行ったマジョルカがカディスに2-1で勝利した。

イ・ガンインは交代リストに名前を上げたが、投入されることができなかった。
イ・ガンインは3日、ラージョ・バジェカーノを相手にしたコパ・デル・レイで先発出場して77分を消化したことがある。

最近、立場が狭まっているイ・ガンインはこの日にダニ・ロドリゲス、アンヘル・ロドリゲス、久保建英に押された。
マジョルカが後半に使った交代カードの4枚中2枚は攻撃資源だったが、イ・ガンインは選ばれなかった。
勝機を掴んだ状況で、イ・ガンインの投入が適切でないという判断だとみられる。

降格の危機にあるマジョルカにとっては最も貴重な勝利だ。
マジョルカは試合前、降格圏の真上である17位であり、カディスは18位だった。
両チームの勝ち点差はわずか2だった。
マジョルカが負けていれば自動降格圏まで落ちかねない試合だった。
勝利で勝ち点差を5に広げて残留の確率を上げた。


スポンサーリンク
楽天





"久保は先発でプレーするのに…"イ・ガンイン、ベンチでチャンスなかった
OSEN



※一部要約

先発リストから除外されたイ・ガンインはベンチで交代の待機をしていたが、とうとう出場機会を得られなかった。
日本人FWの久保建英がサイドアタッカーとして出場し、89分までプレーして対照をなした。

イ・ガンインがベンチで苛立っているかのように同僚の試合を見守る様子が中継カメラに捉えられたりもした。
イ・ガンインは15日のビルバオ戦で再び出場機会を狙う。




マジョルカ、イ・ガンインのいない新システム公開…"大成功"
インターフットボール



※一部要約

ムリキと久保の競技力が印象的だった。
ムリキは圧倒的な制空権能力を誇った。
ハイボールの競り合い成功だけで13回でシュートは7回、枠内シュートは3回だった。
PKでデビューゴールにも成功し、マジョルカファンにしっかりと名前を知らしめた。
久保はパス成功率92.9%、キーパス4回、ドリブル成功4回、クロス6回(成功3回)などを上げてマジョルカの攻撃を導いた。

2人の活躍でマジョルカはカディスを2-1で制圧し、4連敗を断ち切った。
新入生らと既存の資源が確かなシナジーを発揮して勝利まで手にし、マジョルカは確実に反騰の足場を固めることになった。
半シーズンを過ぎても探せなかった攻撃ルートを発見したのも、マジョルカにとって鼓舞的だった。

肯定的要素はいっぱいだったが、カディス戦でイ・ガンインのポジションはなかった。
イ・ガンインはベンチにいたが欠場した。
これまで立て続けにチャンスを貰ってきたイ・ガンインは、光るキック能力は誇示したが明確に地位を固めることはできなかった。
続けて物足りなさを繰り返し、ガルシア監督が新システムにイ・ガンインを入れなかったようだ。

イ・ガンインがいなくてもマジョルカは非常に優れた競技力と結果を出した。
これからも同じ戦術を出すなら、イ・ガンインが優先順位から押される可能性が高い。
今後の主戦争いに暗雲が立ち込めたと表現できる。


※久保はゴールやアシストの数字がほしい。


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...