"歴史に屈辱を残せない"日3位墜落あり得る緊張感「サウジ戦2敗はNO-ホームではいけない」
スポーツ朝鮮



※一部要約

日本が崖っぷちに追い込まれた。

森保一監督が率いる日本サッカー代表は1日、埼玉スタジアムでサウジアラビアと2022年カタールワールドカップアジア最終予選B組8次戦を行う。

霧の中の状況だ。
B組は7試合行った現在、1~3位の順位争いが激しい。

ホームでサウジアラビアと対決する日本の覚悟は格別である。
この日に敗北すれば、ホームでサウジアラビアのワールドカップ確定を見守ら泣けばならない。
また、グループ3位に墜落することもあり得る。
日本は先だってサウジアラビアとの最初の対決に0対1で敗れたことがある。

日本メディアのデイリースポーツは1日、「日本は1月31日に行われた最後の練習を非公開で行った。わずか15分の公開だった。日本はワールドカップ最終予選の方式がホーム&アウェイに変わった1998年のフランス大会以降、ホームで相手にワールドカップ出場確定をさせたことがない。同じ相手に2回負けたこともない。日本が歴史に屈辱を残すことはできない。サウジアラビアが日本に勝てば、2連続で6回目のワールドカップ進出を確定させる。負ければオーストラリアの試合結果によって3位に転落することもある。ワールドカップ出場が遠ざかるだけでなく、消えない汚点を残すことになる」と報じた。


スポンサーリンク
楽天





"すでにキムチの汁を飲む(※取らぬ狸の皮算用みたいな意味)日本サッカー協会"カタールワールドカップに行くという仮定の下でイランに親善試合オファー
OSEN



※一部要約

日本サッカー協会があまりにも早くシャンパンを開けている。

"ペルシアン・フットボール"の1日の報道によると、日本サッカー協会はカタールワールドカップ本戦進出を予感して、すでにイランに6月の親善試合をしようとオファーしたという。

イランはアジアで一番最初にカタール行きのチケットを手に入れた状況である。
すでにワールドカップ本戦に行く様々なチームがイランに親善試合をオファーしている。

だが日本の状況は違う。
現在、日本は勝ち点15でサウジアラビア(勝ち点19)に続いてグループ2位を走っている。
オーストラリアが勝ち点14で日本をピタッと追撃している。

まだワールドカップ本戦行きを確定してもいない状況で、日本サッカー協会がイランサッカー協会に親善試合をオファーしたのは性急だったという指摘が出ている。

日本は3月24日にオーストラリア遠征試合を行う。
ここでA組2位でカタールワールドカップに行く最後のチームが決まる可能性が高い。


※ワールドカップに行けなくても親善試合はすると思う……


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...