トルコメディア「トッテナム、キム・ミンジェ獲得推進…ソン・フンミンも通訳に乗り出す」
ニュース1



※一部要約

イングランド・プレミアリーグ(EPL)のトッテナム・ホットスパーがキム・ミンジェ監督のために積極的に動いている。
ソン・フンミンが通訳としてアントニオ・コンテ監督とキム・ミンジェの架け橋の役目を担った。

トルコメディアのフォトスポールは30日、「トッテナムがキム・ミンジェ獲得を推進中」として、「コンテ監督は最近キム・ミンジェと(移籍のための)非対面面談を行ったが、ソン・フンミンのこの席で通訳としてともにした」と明かした。

トッテナムは以前から関心を持っていたキム・ミンジェがヨーロッパの舞台で十分な競技力を見せ、さらに積極的に乗り出してきている。

フェネルバフチェはキム・ミンジェと2025年までの長期契約を結び、そのうち1年間は他チームへの移籍を許可しないことで合意した。
そのためトッテナムがソン・フンミンまで同行させてキム・ミンジェを説得したとしても、少なくとも今シーズンが終わる前まではキム・ミンジェを獲得するのが難しい。

ただし、フェネルバフチェが財政難に苦しめられているというのが変数だ。
フェネルバフチェがこの特約を直々に破るほど巨額の移籍金オファーを受ければ、状況は変わるかもしれない。

一方、英国メディアのスカイスポーツは「トッテナムは冬の移籍市場でCBの補強を望んでいる」としてキム・ミンジェのトッテナム行きの可能性を示唆した。


スポンサーリンク
楽天





トルコ放送人、「キム・ミンジェ移籍は難しい。移籍のニュースはすべてトルコ発」
OSEN



※一部要約

「キム・ミンジェ移籍説はトルコ発」

トルコのフォトスポールは「トッテナムの韓国選手であるソン・フンミンがキム・ミンジェとアントニオ・コンテ監督の面談で通訳を担った」と報じた。

このメディアによると、キム・ミンジェはコンテ監督にトッテナム合流の準備ができたと言ったという。
最近、キム・ミンジェはずっとトッテナム移籍の可能性が提起されている。
すでにトッテナムと移籍交渉をしたキム・ミンジェは、トルコ移籍から新たな挑戦の可能性も残っているという。

だがフェネルバフチェはキム・ミンジェについて"移籍不可"の方針を出している状況。
トルコメディアによると、フェネルバフチェはキム・ミンジェの守備パートナーであるアッティラ・サライの移籍を許可した。
クラブは財政難で悩みが深いが、主戦級の2人のCBを一度に送り出すことはできないという意味だと解釈される。

また、新たな可能性も提起された。
キム・ミンジェ移籍説が現実的には困難が多いという話である。

トルコの放送人チャビは26日、「キム・ミンジェがトッテナム、チェルシー、そしてユベントスから注目されているというニュースが出てきた。だが現実的に移籍の可能性は高くは見えない」と明かした。

チャビはSNSフォロワー7万人あまりを保有するインフルエンサーだ。
また、トルコ現地でスポーツ放送に固定で出演して韓国語のコンテンツを制作している。

チャビは「キム・ミンジェのビッグリーグ移籍説はすべてトルコメディアが初めて明らかにした。韓国メディアがトルコの記事を受けて書き、ヨーロッパメディアが再び作成している状況」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...