「イ・ガンイン、久保と一緒ならさらに良くなる…マジョルカに朗報!」
インターフットボール



※一部要約

イ・ガンインと久保建英への期待が非常に大きい。

両選手はシーズン序盤に少し呼吸を合わせたが、久保が負傷してしばらく一緒にプレーする絵を見られなかった。
久保がいない間にイ・ガンインは着実に出場機会を得たが、チーム成績は良くなかった。
勝利が切実だったヘタフェ戦で久保は、0-0だった後半13分に交代して2ヶ月あまりぶりにマジョルカの試合をした。

久保が復帰してイ・ガンインとマジョルカの攻撃を導くことになった。
イ・ガンインはシュート3回、キーパス3回、パス成功率85.7%、ドリブル成功2回、クロス5回などを上げて活躍した。
久保はまだ体を上げられていない様子だった。
動きやショートパスは俊秀だったが威嚇的な姿はなかった。
ヘタフェのプレスに押されてボールをまともに持てなかった。

マジョルカはこの日も0-0で引き分けて7試合勝利を手にすることができなかった。
マジョルカが5分け2敗を記録している間に順位は墜落した。
序盤に突風を見せたマジョルカは現在、勝ち点16で14位に留まって下位圏をさまよっていることろだ。
もうシーズン中盤に入る時点なので、さらに下へ落ちないようするには反騰が切実である。

イ・ガンイン、久保がマジョルカ反騰の鍵になる見通しだ。
スペインのマルカは「久保の復帰はマジョルカにとって非常に良いニュースだ。発展の可能性が高い彼は試合感覚を取り戻すために努めなければならないだろう。イ・ガンインも久保と一緒なら今よりさらに興味深いシーンを多く作る可能性が高い。イ・ガンイン、久保の活躍がマジョルカのシーズン成績を左右するのは明らか」と言及した。


スポンサーリンク
楽天





「イ・ガンイン+久保、一緒にプレーするときプレーを修正しなければ」…マジョルカ監督吐露
インターフットボール

211129040101514.jpg

※一部要約

イ・ガンインが良い試合をしてスペイン現地で絶賛された中、注目された選手がもう1人いるとすれば久保だった。
久保はレアル・マドリード戦で負傷してから長らくプレーできなかったが、今回の対戦で復帰した。
イ・ガンインと久保は約30分間呼吸を合わせたが、両選手がともに有意なシーンを作ることはできなかった。
シナジー効果を出すにはまださらに時間が必要な様子だった。

試合後にガルシア監督は「イ・ガンインと久保が一緒に走るとき、プレーを修正しなければならない。両選手が我々に多くを与えられると確信している。だが彼らは常に足元でボールを貰いたがる選手だ。つまり相手チームの深さを攻略できないというのを意味している。試合をして修正しなければならない」と語った。

211129040101514a.jpg

両選手の性向によって生まれた問題とみられる。
イ・ガンインと久保はポジションが違う。
イ・ガンインは中央でプレーすることを好み、久保は主にサイドで起用される。
ポジションは違うがプレーする性向は似ている。
どちらもボールを持った状態で影響力がより輝く選手である。
スペース進入で相手守備陣を苦しめるタイプではないということだ。

監督が直接言及するほど両選手の呼吸が重要なのは、それだけの期待値があるから。
マジョルカで最も高い身代金を誇る選手1・2位が久保とイ・ガンインである。
マジョルカが今シーズンに良い結果を上げるには、両選手の活躍が必須にならざるを得ない。




イ・ガンイン×久保のデュオ、ハイタッチで意気投合…残留は2人にかかっている
STNスポーツ

211129111701686.jpg

※一部要約

久保が復帰することになり、両選手が真のシナジーを見せることが期待されている。

韓国と日本がそれぞれ愛重する2人の才能の爆発は、マジョルカも必ず成されることを願う立場だ。
現在、マジョルカは両選手を除けば攻撃の作業そのものが上手くいかないため、両選手への依存度が大きい方である。

その期待をわかっているかのように、両選手は27日にマジョルカが公開したチーム練習映像で、ハイタッチをして互いにファイティンを高めたりもした。
マジョルカの残留と降格を決める韓日デュオが本格的にシナジーを出し始めた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...