ボルドー監督「ファン・ウィジョまだ100%じゃない、無理させない」
ニュース1



※一部要約

フランスリーグアンのジロンダン・ボルドーの司令塔がFWファン・ウィジョの復帰を急がないと伝えた。

27日、フランスメディアのレキップによると、ウラジミール・ペトコビッチ監督はブレスト戦を控えて行われた記者会見で、ファン・ウィジョの体の状態に関する質問に「まだ100%じゃない」と語った。

足首とハムストリングの負傷でリーグ4試合連続で欠場したファン・ウィジョは、最近コンディションを引き上げてチーム練習に合流した。

ファン・ウィジョは負傷の余波で3週近く離脱し、"ベント号"の2022カタールワールドカップアジア地区最終予選の6・7次戦リストからも除外されていた。


スポンサーリンク
楽天





「ファン・ウィジョ、実戦投入はまだ…ボルドーはリスクを望まない」
インターフットボール



※一部要約

合計一ヶ月ほどの回復期間を経たファン・ウィジョが復帰を控えているという肯定的なニュースが伝えられた。
先週、多くの現地メディアはファン・ウィジョがまもなくチーム練習に合流すると報じた。

ひとまず実戦投入までは時間がさらに必要な見通しである。
レキップによると、ボルドー側はチーム内の核心FWであるファン・ウィジョを無理に出場させて状況が悪化するのを防ぐため、もう少し余裕を持って試合に投入するという計画だ。

現在、リーグ16位(勝ち点13)にいるボルドーは降格圏のクレルモン・フット(勝ち点13)、サンテティエンヌ(勝ち点12)、メス(勝ち点9)とあまり差がない。
そのため長期的な観点からファン・ウィジョが1~2試合プレーせずとも、残りのシーズンで着実に攻撃を担えるよう願っている。
ひとまずボルドーは28日にブレストと試合を行う。




ボルドー、ファン・ウィジョ復帰を無理せず…出場の可否不透明
ゴールドットコム



※一部要約

ファン・ウィジョは2018年から休まずプレーし、現在体力的な負担を抱えているのが事実である。
当時、ガンバ大阪で活躍していたファン・ウィジョは2018年8~9月のアジア大会、2019年1月のアジアカップに続けて出場した。
冬の休息期にも休めなかった彼は2019年夏にヨーロッパ進出のためボルドーへ移籍し、夏にも体力を再充電できないままフランス・リーグアンの舞台にデビューした。
その後もファン・ウィジョはフランスと韓国代表を行き来する強行軍を続け、夏には東京オリンピックに出場して再び夏の休息期を取る機会を逃した。

だがファン・ウィジョはボルドー移籍後にリーグアンで2019/20シーズンに24試合6ゴール、昨シーズンに36試合12ゴール、今シーズンに負傷前まで10試合4ゴールを記録してチームになくてはならないゴールゲッターに位置づけられた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...