"ワールドカップは監督の墓!"アドフォカート監督も辞任…日本も"ぐらり"
スポーツ朝鮮



※一部要約

2006年のドイツワールドカップで韓国代表を指揮したディック・アドフォカートイラク監督が24日に途中下車した。
韓国とともにA組に属するイラクはわずか1勝も取れずに勝ち点4(4分け2敗)で5位に留まっている。

イラクの前にA組最下位のシリアも最近監督を交代した。
成績不振の責任を問うてニザール・マフルース監督を更迭し、ルーマニア出身のヴァレリウ・ティータ監督を新たに選任した。

B組では森保一日本代表監督の去就が大きな関心だ。
日本は3連勝を疾走して順位を2位まで上げたが、競技力については依然として疑問符がついた。
日本サッカー協会は森保監督を信任しているが、ファンの叱責は留まることを知らない。

一方、パウロ・ベント韓国代表監督には"薫風"が吹いている。
わずか2ヶ月あまり前、最終予選1ラウンドでイラクと無得点で引き分けたときには揺れていた。
だが11月のAマッチ2連戦で勝ち点6を確保してからは賛辞が続いている。

韓国は2006年のドイツ、2014年のブラジル、2018年のロシアワールドカップ予選と本戦の過程で監督をすべて替えた。
ところが10回連続ワールドカップ本戦進出に挑戦するベント監督は、日が経つにつれて位置づけが堅くなっている。


スポンサーリンク
楽天





"ダメだ"2位日本、冷めない更迭のプレッシャー
デイリアン



※一部要約

順位が高くても更迭のプレッシャーがないわけではない。
ベント号と同じく最終予選で2位に上がっている日本は、3連勝を疾走したが監督更迭のプレッシャーに苦しめられている。
順位は上がってきたが、内容は依然として改善されていないというのが日本サッカーファンの共通した評価である。

日本は9月にホームでオマーンに0-1の衝撃負けを喫した。
オマーン戦のショックの後、日本はグループ4位にまで押された。
期待以下の競技力で脱落を心配しなければならない状況に置かれると、日本サッカーファンは森保一監督の更迭を激しく求めた。

日本サッカー協会会長が急いで鎮火に乗り出し、ホームでオーストラリアを下して峠を越した。
ベトナム遠征でパク・ハンソ号に1-0で辛勝した日本は、オマーンとの遠征でも辛うじて1-0の勝利を手にした。
オマーン遠征の勝利後には「痛快な雪辱ではない。日本サッカーの退化をさらに感じさせた」という日本メディアの辛い評価が聞こえた。

大韓民国サッカー代表に次いでアジアで2番目に長い6回連続本戦進出を成し遂げた日本代表への期待値が高いという反証でもあるが、森保監督への失望と不満が大きい。

メダル獲得に失敗した東京オリンピック以降、森保監督に向けられた世論は悪化した。
その後の森保監督の一挙手一投足で良い声を聞くことはできなかった。
最終予選の期間中には、「内容より結果が重要」というならオリンピック後にすでに解任しなければならなかったという主張も提起された。
また、Jリーガーの冷遇が俎上に載せられ、ワールドカップ前に世代交代の作業を進められずにいるという点も森保監督への攻撃材料だった。

「現監督と会長が退かなければ日本サッカーに未来はない」という話まで出ている。
単にワールドカップ進出という成績だけで、背を向けたファンの心情をなだめられる雰囲気ではない。
日本サッカーが最終予選の期間中にどのような決断を下すのか注目される。


【関連記事】
韓国メディア:日本代表がB組2位躍進も…極に達した「監督不信」の世論


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...