"ユニフォーム破れた"マサ、マルチゴール放って"人生サッカー"証明
OSEN



※一部要約

人生をかけたマサの肯定効果が大田を上昇させている。

大田ハナシチズンは23日、Kリーグ2・2021・35ラウンドのFC安養との対決で3-1の完勝をおさめた。

この日の勝利で大田は17勝7分け11敗の勝ち点58で2位安養(勝ち点59)を猛追した。

大田にとっては必ず勝利が必要だった。
この日に勝利をおさめて勝ち点3を確保すれば、勝ち点58で最終戦で順位を決められる。
もし負ければ4位全南の追撃もさらに激しくなる可能性があった。

マサは負担になるPKも落ち着いて成功させた。
集中力を失わずにゴールを放って大田のリードを導いた。
また、安養の激しい反撃が続く勢いを見せると、感覚的なシュートで大田の勝利の楔を打った。
この日、マサは相手の集中的な牽制でユニフォームが破れたりもした。

後半期に目立っているマサの活躍は、昇格に挑戦する大田の大きな力となっている。
競技力だけでなく精神的な効果が溢れている。


スポンサーリンク
楽天





[Kリーグ2 STAR] "Kリーグ3年目"マサ、"大田が愛する日本人"になった
インターフットボール



※一部要約

いつの間にかKリーグ3年目に入った石田雅俊(26、登録名マサ)がファンの愛を存分に受けている。
ハンバッ総合運動場ではマサのための特別な応援も目立っていた。

試合前日の記者会見で、大田の核心として大活躍中のマサに対する言及があった。
マサは7月に江原FCを去って大田のユニフォームに着替えた。
移籍直後に負傷して少なくない時間を戦力離脱したが、復帰後に主戦のポジションを奪い始めた。

マサのつま先は鋭かった。
いつの間にかシーズン7号ゴールを成功させ、チーム内の最多得点者に上がっている。
10日の33ラウンドの安山グリナース戦ではハットトリックして存在を知らしめた。
その後、韓国語で行なったマサのインタビューがサッカーファンの間で話題を集めた。



マサは「まず私は個人的にこれまでのサッカー人生が敗北者だと思っている。それでもこのように毎試合人生を変えられるチャンスがあるし、昇格にすべてをかける」と覚悟を伝えた。
外国人傭兵が率直に伝えたインタビューはファンの心を打った。

イ・ミンソン監督も"福男"マサについて称賛を惜しまなかった。
イ・ミンソン監督は「好影響を及ぼしたのは確かだろう。選手の精神力が足りない部分もなくはなかったが、そういう部分について改めて団結する力が生まれたようだ」と"マサ効果"を伝えた。

ハンバッ総合運動場にはマサのための特別な応援が行われた。
太極旗とともに日章旗が並んでいて目を引いた。
下には日本語が入っている横断幕も見えた。
過去にマンチェスター・ユナイテッドで活躍した"英国が愛するフランス人"エリック・カントナが思い浮かぶ姿だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...