震える日本サッカー「オーストラリアに負ければ、残りすべて勝っても脱落危機」
スターニュース



※一部要約

ワールドカップ予選の序盤3試合で1勝2敗に終わった日本サッカー代表がそれこそ崖っぷちに追い込まれた中でオーストラリアと激突する。
現地ではオーストラリア戦まで負ければ、残りの予選6試合にすべて勝ってもワールドカップ進出が難しいかもしれないという憂慮の声まで出ている。

日本の日刊スポーツは12日午後7時14分に埼玉スタジアム2002で行われる日本とオーストラリアの2022カタールワールドカップ最終予選B組4次戦を前に、「オーストラリアに負ければ残りの試合にすべて勝っても本戦進出権がかかる2位以内に入れないこともある」と伝えた。

メディアによると、日本がもしオーストラリアに負ければ4試合で得る勝ち点はわずか3に留まる。
残り6試合にすべて勝っても日本の最大の勝ち点は21である。
一方、オーストラリアに続いてサウジアラビアも中国を下せば、2チームの勝ち点は12になる。
2チームとも残り6試合で勝ち点10(3勝1分け)をおさめるだけで、日本の最大の勝ち点である21を越えるということだ。

一方、日本は先月にオマーンとのホーム試合に0-1で敗れた後、8日にはサウジ遠征に0-1で敗れた。
最終予選の序盤3試合でおさめた勝利は中国遠征の1-0勝利が唯一である。
一方、オーストラリアとサウジは並んで3連勝を走っている。
1・2位と3位日本の差はすでに6点差に広がっている状態だ。


スポンサーリンク
楽天





"絶体絶命の日"吉田「WC出場、サッカー従事者の運命がかかる問題」
MHNスポーツ



※一部要約

日本サッカー界が"当然出るもの"と感じていたワールドカップに行けない、絶体絶命の危機に陥った。
オーストラリア戦に負ければ森保一監督を更迭するだろうという報道も出てきた。

日本サッカー界はワールドカップを当然出る大会だと感じている。
だが状況は楽観的ではない。
韓国も同じだが、サッカー界においてワールドカップ進出は非常に重要だ。
ワールドカップに出られなければ収益の中で大きな比重を占めるスポンサーが離れる。
ワールドカップに関する事業、関連事業者も多いので経済的な打撃は侮れず、何より選手や監督などの直接的な関係者は直撃弾を受ける。

それについて日本選手も警戒感を持ってオーストラリア戦に出る。
ワールドカップに進出できなければ代表引退まで辞さない主将の吉田は「ワールドカップに出られないのはサッカー界従事者の運命がかかる問題だ」として、何としてでもワールドカップに出なければならないと明かした。

特にサウジアラビア戦の敗北の責任は柴崎岳が大きかった。
岳のバックパスのミスがゴールに繋がり、岳はものすごい批判を受けている。
それについて吉田は「1人にあまりにも大きな批判が向いている。そのような気持ちは早く捨てて、勝利に向かっていかなければならない」と岳への批判をやめてほしいと頼んだ。




"すでに2敗"苛立つ日本、ホームでオーストラリアと断頭台マッチ
デイリアン



※一部要約

かなり負担になる一戦だ。
一部からは更迭のプレッシャーに苦しめられる森保一監督の"断頭台マッチ"になるという表現まで使っている。
試合当日、日刊スポーツは「オーストラリア戦に引き分けるか負ければ監督が解任される可能性がある」と予想した。

アジア最強を自負する日本サッカーは最終予選の初戦でオマーンに敗れる"ショック"を受けた。
2次戦で中国を捉えて衝撃から脱したようだったが、サウジアラビア遠征で無気力な0-1の敗北を喫した。
最終予選3試合ですでに2敗する難しい状況に追い込まれた。
グループ1・2位がワールドカップ本戦に直行できるが、序盤の2敗は明らかに大きな負担だ。

7回連続ワールドカップ本戦行きを当然と思っていた日本サッカーファンは「(致命的ミスをした)柴崎のせいだけにはできない。今は本当に危険な状況に置かれている。監督更迭とともにプレーオフも構想しなければならないとき」と憂慮や失望の声を上げた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...