中サッカー、"韓国の相手"シリア2軍と1-1の衝撃引き分け「本当に心配なレベル」現地一針
スターニュース



※一部要約

韓国サッカー代表と対決するシリアが手強い戦力を見せた。
精鋭メンバーを前に出さなくても中国との評価試合に1-1で引き分けた。
中国現地メディアは自国サッカーについて「本当に心配なレベル」として厳しい忠告を与えた。

シリアサッカー代表(FIFAランキング81位)は1日0時、UAEシャールジャで繰り広げられた中国代表(FIFAランキング75位)との練習試合で1-1の引き分けをおさめた。

今回の対戦は両国の合意の下により非公開で行われた。
中国メディアの新浪スポーツは1日、「シリア代表は韓国戦の前に中国を"仮想韓国"と仮定して相手にした。ただし、FIFAが定めた公式Aマッチデーではないので多くの主戦級選手が欠場した。結局、2軍級の選手が出てきた中で中国と引き分けを記録した」と報じた。
一方、中国はウー・レイくらいを除いて主戦級選手がほとんど出た。


スポンサーリンク
楽天







シリアは前半26分に先制ゴールを放って機先を制するのに成功した。
だが中国が前半追加時間2分に同点ゴールを決めて勝負を振り出しに戻した。
結局、追加ゴールが炸裂せず試合は1-1の引き分けに終わった。

ベント監督が率いる韓国サッカー代表は7日午後8時、京畿道安山にある安山ワースタジアムでシリアを相手に2022カタールワールドカップ最終予選A組3次戦を行う。
歴代戦績では韓国が4勝3分け1敗でリードしている。

ニザール・マフルース監督が指揮するシリアは韓国より一段階下の戦力と評価されている。
かと言って甘いチームではない。
先だってイランとの1次戦では堅い守備を繰り広げた末に0-1で惜敗した後、UAEとの2次戦では1-1の引き分けに成功した。
勝ち点1でA組4位である。
ベント監督はホーム試合なだけにソン・フンミンやファン・ウィジョらを前面に出して総攻撃に出る見通しだ。

一方、B組に属する中国は先だってオーストラリアに0-3で試合を譲った後、日本にも0-1で敗れて頭を下げた。
新浪スポーツは「2連敗の間にゴールも決められず、ちゃんとしたシュートも飛ばせなかった。本当に心配なレベルだ。リー・ティエ監督はFWの能力を最大限に引き上げる努力をしなければならないだろう」と強調した。


【関連記事】
日本の敗れた中国を元Kリーガー李瑋峰が批判「リーグレベルが低いのに代表の投資は無意味」
恒大集団の破産危機、中国サッカーは帰化選手を維持できるのか?


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...