"透明人間"になったイ・スンウ、9試合連続欠場。退出の手順?
スポーツ朝鮮



※一部要約

これほどなら"透明人間"扱いと変わらない。
事実上、チーム内で戦力から完全に排除したと見て差し支えない。
ベルギーリーグのシントトロイデン所属のイ・スンウが、今シーズンのはじめから試合に出られずにいる。
すでに9試合連続欠場だ。
負傷のイシューもないのに、交代でも投入されずにいる。

イ・スンウは26日深夜、9回目の欠場を経験した。
この日、シントトロイデンは2021~2022シーズン・ベルギージュピラーリーグ9ラウンドのスタンダール・リエージュとのアウェイ試合を行なった。
特異なのはこの日、シントトロイデンは交代選手を含めて何と5人の日本人選手を起用した。
同じ東洋人選手のイ・スンウに対する意図的な排除が伺える部分だ。
チーム内でイ・スンウに対する評価がどうなのかを知ることができる。

この日、シントトロイデンは2対1で勝利してリーグ8位をマークした。
だが今後イ・スンウに出場機会が与えられるかは未知数である。
イ・スンウはチーム練習などには正常に参加している。
だが先発どころか交代リストにもなかなか名前を上げられない状況だ。
9試合で交代リストに入ったのもわずか3回だけだった。
このときも当然出場機会は与えられなかった。
最後に交代リストに入ったのは8月である。
9月に入ってからは最初から透明人間の身分になった。
イ・スンウが出場機会を得ようとするなら、もうそろそろ他のチームを探さなければならないときになった雰囲気だ。


スポンサーリンク
楽天





日本選手だけで6人出場するチームなのに…イ・スンウは"戦力外"扱い
スターニュース



※一部要約

今シーズン開幕から全試合欠場だ。
この日のように交代リストにも名前を上げられなかったのは今回で6回目である。
事実上、"戦力外"に分類されたわけだ。

一方、この日のシントトロイデンの先発ラインアップ11人のうち、何と4人が日本人選手で組まれた。
鈴木優磨と林大地が2トップを形成し、橋岡大樹とGKダニエル・シュミットも先発で出場した。
この中で林は先月、日本のサガン鳥栖でプレーしてから新たに移籍してきたFWである。

それだけでなく後半開始と同時には、やはり先月新たに獲得したFW原大智が橋岡に替わって交代出場した。
この日の1試合だけで、出場機会を受けた日本国籍の選手が5人もいるわけだ。



直近2試合である14日のベールスホット戦や、19日のKRCヘンク戦では日本選手出場の比重がさらに高かった。
2試合とも先発4人、交代2人など日本人選手が6人も出場した。
さらに6人も出場機会を受けても、2試合ともベンチには伊藤達哉や松原后のプレーできなかった日本人選手が他にいた。
その過程でイ・スンウの名前はすべて外れた。

こうした最近のシントトロイデン内の日本人選手の出場比重は、シーズン序盤と比べてさらに目につく。
1~3ラウンドで2人だけだったチーム内の日本人選手の出場比重は、4ラウンドに入って3人に増えると6ラウンド以降は1試合に少なくとも5人に増えた状態である。
交代出場どころかベンチにすら座れずにいるイ・スンウにとっては苦々しい。

一方、シントトロイデンは日本企業のDMMが2017年に買収して運営中のクラブだ。
冨安健洋をはじめとして鎌田大地、遠藤航ら日本代表選手がヨーロッパビッグリーグ進出の直前に通り過ぎたチームでもある。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...