日本Jリーグが肘をめぐる論難で"ざわざわ"…Kリーグでは?
スポーツ朝鮮



※一部要約

"肘退出!"

日本プロサッカーJリーグでときならぬ"肘をめぐる論争"が加熱している。

相手選手に肘打ちのファールをおかした選手を厳罰に処すべきということだ。

論争の中心はFC東京の外国人FWレアンドロである。
彼は22日、Jリーグ32ラウンドの名古屋グランパスとの試合に出場した。

試合後に名古屋のDF中谷は公式インタビューで意を決して発言した。
「レアンドロには1試合の出場停止処分では足らない。厳罰に処してほしい」

中谷はこの日、試合後半35分にビルドアップを試みているとき、前方プレスを加えたレアンドロの肘を顔に一撃食らった。
VARによるオンフィールドレビューの結果、レアンドロはすぐ退場判定を受けた。

その後、日本サッカーファンのオンライン空間は熱く燃え上がった。
中谷とサッカーファンが怒った理由は、レアンドロがいわゆる"常習犯"だからである。


スポンサーリンク
楽天





レアンドロは去年10月10日に行われたガンバ大阪との試合でも、プレーと関係ない状況で肘を使って3試合出場停止の重い懲戒を受けた。

それだけでなく同年11月、今回論難となった相手・名古屋との試合中にMF稲垣に肘のファールをおかしたが、審判が見つけられずに何の懲戒も受けなかった。
それによりオンラインで激しい論難が起きたりもした。

そうした中で、名古屋の選手が再びやられたので怒りが爆発したのだ。
左こめかみの部位に絆創膏をつけたままインタビューに応じた中谷は「去年から何度もやられてきた。Jリーグは選手を保護しなければならない」として、「初めてならともかく去年も3試合出場停止になったことがある。1試合出場停止では足りないのではないかと思う」と声を高めた。

FC東京の長谷川健太監督はそれについて「試合後にレアンドロと話をしたが反省していた。もう二度とこういうことはないようにすると言った」と伝えた後、「これまでのファールは報復性が濃かったが、今回はそうではないように見える」として善処を訴える立場をあらわした。

サッカー、バスケなど体の競り合いを許容するスポーツで肘打ちのファールは等級の高い非紳士的ファールとして厳しく扱っている。
日本発の肘論難がKリーグにも少なくない影響を及ぼすものとみられる。

18日の光州-済州間のKリーグ1・30ラウンドでは、光州イ・ハンドが済州キム・オギュの肘で歯を折る負傷をしたが、警告も出なくて論難となった。
先だって仁川ユナイテッドのDFキム・ジュンヨプは肘で顔を打たれてシーズンアウトに準ずる負傷をしたりもした。

2016年には肘のファールでレッドカードを受けた当時仁川のFW・ヒョギュンが、合計5試合出場停止+制裁金300万ウォンの重い懲戒を受けた事例がある。
その後、肘のファールに対する制裁が緩んだという指摘が出ている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...