イ・ガンイン、久保の"バックアップ"をしにマジョルカに行ったわけじゃないのに…後半44分久保と交代投入
メディアペン



※一部要約

イ・ガンインがやや自尊心の傷つけられるかもしれない体験をした。
試合がほとんど終わろうとする後半終盤に交代出場したのだが、同年齢の日本人・久保建英の代わりに投入された。

イ・ガンインは19日夜、ビジャレアルとのスペイン・ラ・リーガ5ラウンドのホーム試合に先発除外され、後半44分に交代でグラウンドを踏んだ。

マジョルカ移籍後2試合連続の交代出場だった。
先の12日、4ラウンドのアスレチック・ビルバオ戦でイ・ガンインは後半27分に交代投入され、20分あまりプレーしてマジョルカデビュー戦を行なった。

この日もやはりベンチから始めたイ・ガンインは、0-0で拮抗した均衡の続く後半44分に出場機会が与えられた。
先発で出た久保が外れて、代わりにイ・ガンインが入った。

イ・ガンインは移籍してからあまり経っておらず、チームに適応する時間が必要で先発のチャンスを得られなかった。
交代だけでも2試合連続で出場したのは意味があるが、正規時間がすべて過ぎた状態で久保の代わりに投入されたのは、国内ファンにとっては苦々しい。

この日、イ・ガンインは追加時間まで6分あまりプレーしたが、何かを見せるには時間があまりに短かった。
試合はそのまま0-0の引き分けで終わった。


スポンサーリンク
楽天





久保のビジャレアル戦の活躍に浮き立つ日…「イニエスタ級だ!」
インターフットボール



※一部要約

久保建英のビジャレアル戦での活躍に日本が魅了された。

久保はリーグ5試合連続で姿を見せた。
開幕戦だけ交代出場して以降、続けて先発ラインナップに名前を上げている。
ビジャレアルでも変わらず出場し、右ウインガーに配置された。

久保はマジョルカの攻撃の起点であり、カウンターの状況では走力を基にカウンターアタックを試みた。
豊富な運動量を見せた久保でもあった。
サイドで前後方を行き来し、守備と攻撃のどちらにも加担した。
右SBのマフェオが攻撃性向を備えるにつれ、久保がカバーするシーンも数多く出てきた。

威嚇的なシーンを作り出したのは久保である。
マジョルカは前半追加時間にカウンターをした。
久保が右サイドでボールを持ち、ペナルティボックスの方に迫っていった。
それからDFの間にパスを出し、ロドリゲスが強力なシュートにつなげた。
ボールはクロスバーの少し上を越えて惜しさを飲み込んだ。

サッカー統計メディアのフースコアードドットコムによると、久保は100%のパス成功率を記録した。
同時にキーパス3回、ドリブル成功2回、タックル成功1回、インターセプト1回などを作った。
メディアは久保に評点6.9を与え、これは3位だった。
同時にソファスコアは久保に2位に該当する評点7.2を与えた。

日本は歓呼した。
日本の"the-ans"は「久保がビジャレアルを相手に技術を披露してものすごいプレーを繰り広げた」と報じた。
メディアは「久保は多くのチャンスを作り出し、マジョルカの攻撃を導いた。得点は出なかったが強いチームを相手に確かな技術を繰り広げた」と付け加えた。

それとともにファンの反応も入れた。
日本ファンは「イニエスタ級だ」、「本当に驚きだった」、「久保にボールが行くと違いを作る」、「価値がわかった」、「道がないのに作り出した」など暴風称賛をした。

久保は今夏、レアル・マドリードからマジョルカにレンタル移籍した。
ルイス・ガルシア監督の信頼を受けており、全試合に出場して主戦のポジションを完全に占めた。


【関連記事】
韓国メディア:イ・ガンインの屈辱、久保建英と後半ATに交代…マジョルカは0-0の引き分け


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...