復帰してすぐ再び先発でプレーするって?
スポーツワールド



※一部要約

フランスプロサッカー・リーグアンのジロンダン・ボルドーの看板FWファン・ウィジョが、負傷から復帰してすぐ先発出撃する可能性が提起された。

ボルドーは19日午前4時、サンテティエンヌ遠征で2021~2022リーグアン6ラウンドを行う。
リーグ最下位のボルドーは勝利が切実である。

必勝を正照準しているだけに、ボルドーは最精鋭でチームを設ける見通しだ。
試合前に統計専門メディアのフースコアードドットコムが予想した先発リストによると、主戦FWであり昨シーズンのチーム内最多得点者であるファン・ウィジョがいる。

だがファン・ウィジョは最近、負傷に倒れてから復帰した。
負傷の理由は筋肉の疲労がたまったからだった。
昨シーズン終了後に2020東京夏季オリンピックや9月のAマッチなど、タイトな日程を消化してたまった疲労のため、筋肉に痙攣が起きた状態だった。

休息を取った。
約2日間チーム練習から外れた。
戻ってきたファン・ウィジョはサンテティエンヌに備えた練習に参加した。
予定通り、迫るサンテティエンヌ遠征に出場する見通しだ。


スポンサーリンク
楽天





ファン・ウィジョ"酷使"さらに酷くなる…練習復帰してすぐ先発の見通し
スターニュース



※一部要約

レキップや90minフランス版などの現地メディアはサンテティエンヌとボルドーのリーグアン6ラウンドで、ファン・ウィジョが先発出場すると一斉にに予想した。

チームがリーグ最下位(2分け3敗)で遅れを取っているため、核心FWであるファン・ウィジョの先発予想は自然な手順だが、最近疲労がかなりたまっている上、実際に負傷交代までした状況という点であまり喜ばしくない予想でもある。

ファン・ウィジョは12日、ランスとのリーグアン5ラウンドのホーム試合で、後半18分に太ももの痛みを訴えて倒れてから交替した。
先の後半10分にもふくらはぎに痙攣を起こしていたが、結局痛みを堪えきれないまま脚を引きずりながら競技場を出た。
競技場を完全に抜けた後は、腰を下ろしたまま苦痛を訴えるほどだった。



予想された負傷でもあった。
ファン・ウィジョは昨シーズンを終えた後、6月に国内で行われたワールドカップ予選に続いて、7月には東京オリンピックにワイルドカードで出場した。
その後、9月にAマッチまで消化するなど、彼はオフシーズンに事実上まともに休むこともできないまま新シーズンを迎えた。
疲労がたまるしかない状況だった。

ウラジミール・ペトコヴィッチ監督も「ファン・ウィジョはあまりに多くの日程を消化して疲労がたまって痛みが来た」としつつも、「深刻な負傷ではない」と説明した。
実際、ボルドーのクラブSNSにもサンテティエンヌ戦に備えた練習場に姿をあらわすファン・ウィジョの写真が公開され、ファンも胸をなでおろした。

問題はすでに直前の試合で疲労の蓄積を理由に交替したのに、続く試合ですぐ先発の可能性に重きが置かれているという点である。
もちろんファン・ウィジョが実際に先発出場するかどうかは未定だが、すでに危険信号が完治されている状況でも無理な出場が繰り返されれば、それだけ負傷の憂慮はさらに大きくなる。
ファン・ウィジョを取り巻く酷使論難はさらに強まるしかない。


【関連記事】
韓国メディア:ボルドーのファン・ウィジョが負傷に倒れる…W杯最終予選に向けて大型悪材料


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...