サッカー協会、秋夕以降にU-23代表監督選任…ファン・ソンホン有力候補
スポータルコリア



※一部要約

大韓サッカー協会が秋夕の連休が終わった後、新任のU-23代表監督を選任する雰囲気だ。

協会の事情を知る関係者は14日、「協会でU-23代表監督の選任を進めている。10月にあるU-23チャンピオンシップ予選を考えると、秋夕の連休が終わった22日以降に新任監督を発表するのではないか」と耳打ちした。

現在、U-23代表監督は空席である。
2018年に就任したキム・ハクボム監督は2020東京オリンピックを最後にU-23代表監督の業務を終えた。
だが10月からU-23代表が再始動するため、新監督の選任を急いで済ませなければならない。


協会は今チームを率いている現役指導者の選任は排除することにした。
新監督は現在、所属チームがない無籍身分の指導者を選任することにした。

13日にOSENは「協会が検証した結果、ファン・ソンホン監督を選択した」としてファン・ソンホン監督の選任を報じた。

ファン・ソンホン監督はレジェンド選手であり名将だ。
2002年の韓日ワールドカップ4強神話の主役だったし、Aマッチ103試合に出て50ゴールを記録した。
現役時代にワイルドカードでオリンピックに出場してU-23選手とともに汗を流した経験もある。


スポンサーリンク
楽天





ファン・ソンホン、23歳以下代表の新司令塔を引き受ける [単独]
OSEN



※一部要約

12日、サッカー界の消息筋は「大韓サッカー協会が最近、6人の最終候補を選定した後、監督選任のため徹底的に検証した。その結果、ファン・ソンホン監督を選択した。最終の仕上げ段階が残っているが、大きな問題が起きなければファン・ソンホン監督が新たに23歳以下代表の指揮棒を取る」と明かした。

2002韓日ワールドカップの英雄であるファン・ソンホン監督は、2002年のセンチュリークラブ(※Aマッチ100試合出場)加入後の翌年に引退した。
全南でコーチを始めたファン監督は、2007年に釜山で監督としての第一歩を踏み出した。

そして2009年、浦項にチームを移したファン・ソンホン監督は2013年にKリーグとFAカップの頂点に上がってダブルを達成した。
外国人選手のいない中で成し遂げた成果だった。
当時、若手選手を起用してチームを完全に生まれ変わらせた。
また、FCソウルや中国の延辺富徳で監督を引き受けたりもした。

ファン・ソンホン監督は2020年、企業クラブに変身した大田ハナシチズンの監督に就任し、最近までは休息を取っていた。
ファン監督は2013年と2016年にKリーグクラシック監督賞を受賞し、2012年と2013年のFAカップ最優秀監督賞も記録した。

消息筋は「大韓サッカー協会は4人から6人に監督候補群を増やした。特にKリーグで指揮棒を取っている現役監督も含まれていた。だが浦項時代に有能な若手選手を上手く起用して成果を上げたファン・ソンホン監督が23歳以下代表に最も適しているという判断を下し、指揮棒を任せる予定」と説明した。

消息筋は「公式的に23歳以下代表は2022年の杭州アジア大会から本格的にチームを引き受けることになる。しかし今シーズンから徹底して選手の選抜とチーム構成が必要なため、現役監督を結局は外してファン・ソンホン監督を選んだという」と説明した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...