"アーセナルマン"冨安、モテ男だった…「ニューカッスル-サウサンプトンも獲得したかった」
スポータルコリア



※一部要約

冨安健洋がアーセナル移籍前に多くのチームから関心を集めていたという。

日本代表のCB冨安は2018年1月にベルギーのシントトロイデンに入団してヨーロッパ生活を始めた。
2019年夏にはイタリア・セリエAのボローニャ入りに成功した。

188センチの長身だが脚が速くてビルドアップ能力に優れているという点は、ヨーロッパ有数のクラブから注目を集めるのに十分だった。
同時にヨーロッパの舞台での適応を終えている点が高く評価された。

夏の移籍市場で最も早くアプローチしたチームはトッテナム・ホットスパーだった。
イタリアメディアのカルチョメルカートによると、トッテナムは冨安と個人合意を終えていた。
獲得は近いとみられていたが、最終的に冨安争奪戦の最終勝者はアーセナルだった。

今やれっきとした"アーセナルマン"だが、当初は冨安に様々な選択肢があったという。
英国メディアのHITCは11日、ザ・タイムズを引用して「スティーブ・ブルース監督のニューカッスル・ユナイテッドとサウサンプトンは、冨安がアーセナルに移籍する前に獲得を望んでいた」と伝えた。

HITCは「アーセナルは良くないが、巨大なクラブでありグローバルブランドだ。同時にアーセナルはロンドンをホームにしている。もちろんニューカッスルも大きなクラブで情熱的なファンを持っているが、アーセナルは依然として魅力的」として冨安がアーセナルを選んだ理由を推測した。


スポンサーリンク
楽天





"見つけた、守備不安解決の鍵!"…冨安、アーセナルデビュー戦から"完璧だった"
インターフットボール



※一部要約

ミケル・アルテタ監督がデビュー戦から良い活躍を見せた冨安健洋を讃えた。

アーセナルは11日午後11時、英国ロンドンのエミレーツスタジアムで行わ絵rたプレミアリーグ(EPL)4ラウンドでノリッジ・シティに1-0で勝利した。
これでアーセナルは3試合無勝行進を終わらせて今シーズン初勝利を手にした。

崖っぷちに立っていたアーセナルは新入生を中心に先発陣を設けた。
アーロン・ラムズデール、マルティン・ウーデゴール、アルベール・サンビ・ロコンガとともに冨安が先発で出たのが目についた。
移籍市場終盤に獲得した冨安はCB、右SBができるマルチ守備資源だった。
守備不安が酷かったアーセナルにとって大きな力になると期待されていたが、Aマッチを行なってきたので先発で出るだろうという予想は少なかった。

だがアルテタ監督は冨安を先発で送り出して重責を任せた。
この日のアーセナルは変形3バックを使った。
基本的には4バックで出るが、攻撃時にはキーラン・ティアニーが左ウインガーと変わらない動きをした。
ティアニーが直線的に上がるとブカヨ・サカが中央に行ってピエール・エメリク・オーバメヤンを支援した。
サイドの守備が不安なノリッジを攻略しようとする計算だった。



後方で幅広い動きをしなければならない冨安の競技力が非常に重要だった。
冨安はベン・ホワイト、ガブリエウ・マガリャンイスと呼吸を合わせてノリッジのカウンターを防いだ。
特に空中戦の状況でノリッジ攻撃陣を制圧して遮る姿が印象的だった。
スピード、クリア、インターセプトなど堅い守備も際立っていた。
このように冨安は新入生に似つかわしくない驚くべき適応力でアーセナルの守備安定化に力を乗せた。

冨安の活躍は記録で証明されていた。
冨安は空中戦の勝利だけで7回して、地上戦でも3回勝利した。
タックル1回、クリア2回、シュート2回、ドリブル成功1回、クロス1回などを追加で記録した。
攻守の貢献が高かったというのを知ることができた。
英国のフットボールロンドンは「器用な守備で冨安は成功的なデビュー戦を行なった」と評した。

アルテタ監督は試合後の記者会見で「冨安は本当に肯定的だった。第一印象から良かった冨安は競技場で集中力、決断力を確実に披露した。自分の役割をよく理解している姿が良かった。素晴らしい競技力を見せたと思う」と称賛のメッセージを送った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...