"結局残留?"ファン・ウィジョ、トレード相手の移籍拒否でスポルティング移籍霧散
フットボールリスト



※一部要約

今夏のファン・ウィジョの移籍が実現しない確率が高まった。

移籍市場の締切日である1日、ボルドーのニュースを専門に扱うSNSアカウントの"ジロンダンインフォ"は「ファン・ウィジョは今夏ボルドーに残留する。ファン・ウィジョとボルドーは1200万ユーロ(約164億ウォン)に達するスポルティングのオファーを受け入れたが、取引の一環だったスポルティングのウインガーであるジョヴァネ・カブラルが最後の瞬間にボルドー行きを断って移籍が失敗に終わった」と伝えた。

移籍市場最終日を前にフランスメディアのレキップなど、現地メディアを通じて名前のわからないクラブがファン・ウィジョ獲得のため1200万ユーロのオファーをしたという事実が伝えられたが、ジロンダンインフォが伝えた便りによると当該のクラブはポルトガル・プリメイラ・リーガのチャンピオンであるスポルティングだったものとみられる。

報道によると、ファン・ウィジョはUEFAチャンピオンズリーグに出場できるスポルティング行きに肯定的だったという。

ファン・ウィジョは9月の2022カタールワールドカップ最終予選1・2次戦を行うため、先月31日に韓国に帰国した。
移籍市場の締め切り期限内に新たな行き先があらわれなければ、2日のイラク戦と7日のレバノン戦を消化してからボルドーに復帰する見通しだ。


スポンサーリンク
楽天





ファン・ウィジョのこじれる移籍…スポルティングCP移籍霧散+ロシア行きは選手が拒絶
スポーツ朝鮮



※一部要約

ジロンダンインフォスや20minutesなどのフランスメディアは移籍市場の締切日である8月31日、ファン・ウィジョに関するニュースを取り扱った。

先の30日、ファン・ウィジョが匿名のチームに移籍するかもしれないと報じた20minutesのクレマン・カルパンティエ記者は31日夜、連続して二つのツイートを上げた。

一つはポルトガルのスポルティングCPに関する報道だ。
スポルティングとの交渉が上手く解決し、選手もやはりスポルティング行きを望んだが、相手側のトレードカードであるジョヴァネ・カブラルがディールを拒否して失敗に終わったという内容である。

ジロンダンインフォスも「両クラブは移籍金1200万ユーロで合意した。この取引はトレードを拒否したカブラルのボルドー移籍が含まれていた。それによりファン・ウィジョは今夏ボルドーに残る」と明かした。

カルパンティエ記者も物理的にファン・ウィジョがチームを去る可能性が低いという事実を認めつつも、もう一つの可能性を開いておいた。

30日にボルドーが匿名のクラブの1400万ユーロのオファーを受諾したと報じたカルパンティエ記者は「(ロシアの)ディナモ・モスクワもやはり韓国選手の獲得に合意した。だが現時点でファン・ウィジョがロシア行きを拒否している」と現状を伝えた。

昨シーズンのリーグアンでチーム内最多の12ゴールを炸裂させたファン・ウィジョは、今夏にクラブの財政難と噛み合わさってチームを去ると予想された。
クラブは移籍リストにファン・ウィジョを載せて移籍オファーを待った。

ヘルタ・ベルリンをはじめとしてヴォルフスブルク、サウサンプトンなどが浮上した。
デッドラインが差し迫ってスポルティングCP、ディナモ・モスクワのような名前も登場した。
だが交渉がこじれて移籍は容易ではなかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...