「ファン・ウィジョ、ボルドー去る…192億で移籍承認」(フランスメディア)
SPOTVニュース



※一部要約

ファン・ウィジョが移籍市場の締め切り直前に新チームが決まるかもしれない。
所属チームのボルドーがファン・ウィジョの移籍を承認した。

フランスメディアの20minutesは31日、「ボルドーがファン・ウィジョの移籍金1400万ユーロ(約192億ウォン)のオファーを受諾した。まだ具体的なチームは明かされてないが、ファン・ウィジョは今夏にボルドーを去る」と報じた。

フランスの有力視フランスフットボールも、夏の移籍市場の終盤にファン・ウィジョの移籍の可能性を伝えた。
メディアが把握したものによると、しばらく出回っていたオリンピック・マルセイユかイタリア・セリエAのチームがファン・ウィジョにアプローチした。

ファン・ウィジョはJリーグで大活躍、ジャカルタ-パレンバンアジア大会で圧倒的な決定力で賛辞を受けた。
パウロ・ベント監督から招集されてからも、韓国代表でゴールゲッターの能力を示して常勝疾走した。
2019年にガンバ大阪を去ってボルドーに入団した。


スポンサーリンク
楽天





ファン・ウィジョ、移籍説再点火…「ロシアチームが移籍金140億のオファー」
インターフットボール



※一部要約

2020東京オリンピックを終えて復帰したファン・ウィジョは、新しくチームに来たウラジミール・ペトコビッチ監督の重用を受けて着実に先発で出ている。
だがボルドーの財政問題でファン・ウィジョの移籍説が浮上した。
ボルドーは今夏、新たなクラブオーナーを見つけられずに降格の懲戒を受けた。
幸いスペイン国籍の事業家がボルドーを買収して足元の火は消したが、依然として財政は深刻な状態である。

マルセイユとリンクされたが移籍金の意見の相違で失敗に終わった。
今度はロシア行きが取り上げられた。
フランス"20min"の記者は「ボルドーがファン・ウィジョに来た1400万ユーロのオファーを受諾した。当該の移籍金にはボーナスが含まれている。オファーしたクラブはロシアのチームである可能性が高い」と伝えた。




「ボルドー、ファン・ウィジョの移籍金1400万ユーロのオファー受け入れ」…移籍説再点火
ニュース1



※一部要約

ファン・ウィジョは7月、ソン・フンミン(トッテナム)やファン・インボム(ルビン・カザン)らが所属する大型エージェンシーのCAAベースと契約して移籍説が初めて出てきた。
そこに財政難で苦しむボルドーが、ファン・ウィジョらの主軸選手を売るという現地報道が噛み合わさって関心がさらに高まった。

フランスメディアはファン・ウィジョの行き先にヴォルフスブルク、マルセイユ、サウサンプトンなどを予想したことがある。

一方、ファン・ウィジョはこの日に韓国サッカー代表の招集練習に合流して2022カタールワールドカップアジア地区最終予選を消化する予定だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...