"開始9分で"チョン・ウヨン、ドイツの舞台で初のマルチゴール爆発
ノーカットニュース



※一部要約

チョン・ウヨンがドイツ・ブンデスリーガで初のマルチゴールを炸裂させた。

チョン・ウヨンは28日、ドイツ・シュツットガルトのメルセデスベンツアリーナで行われたブンデスリーガ3ラウンドのシュツットガルトとのアウェイ試合で、9分で2ゴールを記録した。
フライブルクも3対2で勝利して2勝1分けの無敗行進を続けた。

初のマルチゴールまで9分で十分だった。

前半3分にクリスティアン・ギュンターのクロスを頭で受けて決めたチョン・ウヨンは、前半9分に相手GKがクリアしたボールをノンストップシュートで決めた。
チョン・ウヨンはフライブルクのクラブ史上最短時間マルチゴールを記録した。

2018-2019シーズンにバイエルン・ミュンヘン所属でブンデスリーガにデビューしてから初めて記録したマルチゴールである。


スポンサーリンク
楽天





2ゴール記録したチョン・ウヨン、ミニ韓日戦で遠藤に勝利
フットボールリスト



※一部要約

両チームの試合はミニ韓日戦としても関心を集めた。
チョン・ウヨンはシャドーストライカーとして先発出場し、日本代表の核心MF遠藤は中央MFとして出場した。
先に笑ったのはチョン・ウヨンだった。
前半4分にチョン・ウヨンがフリーヘッダーでゴールネットを揺さぶった。
一歩遅れて遠藤が追いすがったが遅かった。
チョン・ウヨンは9分、CKから流れたボールを左足インサイドキックで正確に押し込んで追加ゴールを決めた。

遠藤個人の活躍は秀でていた。
守備型MFのポジションでプレーしたが、ときには相手陣営で深々と攻撃に加担する長所を見せ、30分にはペナルティボックスの右側からクロスを、33分には中盤からシュートを試みた。
クロスはGKにキャッチされ、シュートは正面だった。
遠藤は前半追加時間にチョン・ウヨンの前で右足で切り替えして左足のクロスを上げ、アル・ガディウィのヘッダー挽回ゴールをアシストした。

後半は守るフライブルクと挽回ゴールを決めるためのシュツットガルトの攻勢が続き、むしろチョン・ウヨンが守備をするシーンが多かった。
遠藤は中盤で勤しんでボールを配給したが、両選手とも有意味なチャンスを作れなかった。

この日の競技場には遠藤だけでなく、日本人選手が別にいた。
15分にマヴロパノスが負傷して伊藤洋輝もブンデスリーガデビュー戦を行った。
試合終了まで30分プレーしたがチョン・ウヨンと競り合うシーンは特になかった。

試合の勝利を導いたチョン・ウヨンがミニ韓日戦で笑った中で、"フースコアードドットコム"はマルチゴールを決めたチョン・ウヨンに両チーム合わせて最高の8.4点を、1アシストを記録した遠藤には7.5点の評点をつけた。
チームは敗れたが遠藤はアル・ガディウィ(8.4)に次いでチーム内で最も高い評点を受けて秀でた評価を受けた。
伊藤は6.4点だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...