韓国サッカーがオリンピックを通じて得たもの
スポーツワールド



※一部要約

衝撃の大敗で2020東京オリンピックを早くに締めくくった。
旧時代的な方法がもう通用しないことを確認した。
キム・ハクボム監督が率いた大韓民国男子サッカーオリンピック代表のことだ。

太極戦士、太極娘子は孤軍奮闘したが韓国は満足に値する成績を得られなかった。
特に豪気にメダルを正照準していた男子サッカー代表の不振が惜しかった。
最終順位5位を記録するのに終わった。

戦力だけ見れば韓国はメダル圏ではない。
キム・ハクボム監督もその事実を認知していた。
なのでワンチームで克服するという意志を見せた。
だが過程と方法が問題だった。
チームを設ける過程で正しいプロセスがなかった。
キム・ミンジェのワイルドカード選出不発がそうである。

キム・ミンジェは所属チームが選出を拒否した。
急にパク・ジスを代替抜擢した。
パク・ジスは早い適応力でチームに溶け込んでいるようだったが、完全なワンチームになるのは難しかった。

練習は短期間で多くの日程を消化しなければならないオリンピックの特性を考慮し、体力を極限に引き上げるという方法を追求した。
効率的ではなかった。
各所属チームの日程、選手一人ひとりのコンディションを考慮できなかった。
"たくさん走れば体力が増える"という方法により重きを置いた。

年代別代表の選手なので実際に体力が向上するかもしれない。
だが本ステージでは効果を見られなかった。
メキシコ戦では体力不足で引き回されて6失点の大屈辱を味わった。

すぐ3年後に再びパリでオリンピックが開かれる。
短くない時間だ。
東京で体感したことなどを、パリ大会のときに繰り返さないよう努めなければならない。


スポンサーリンク
楽天





パリ行きを導くキム・ハクボムの後任は誰?"スター出身のビッグネーム"下馬評
スポーツ朝鮮



※一部要約

大韓民国オリンピックサッカー代表は東京オリンピックで残念な成績を残したが、サッカーは続けなければならない。

先月31日付で大韓サッカー協会(KFA)との契約が終わったキム・ハクボム前オリンピックチーム監督の後任から決めなければならない。

すぐ10月にU-23AFCアジアンカップの予選が予定されている。
韓国は27日から31日までシンガポールで行われるアジアカップ予選H組でシンガポール、東ティモール、フィリピンと激突する。

大会前に新盤を組む新監督が必要だ。
次期22歳以下監督は来年9月10日から25日まで中国杭州で開かれる2022年杭州アジア大会、さらには2024年パリオリンピックまで引き受ける。

サッカー界では東京オリンピックが開かれる前からすでに様々な指導者が下馬評に上がり下がりした。

"スター出身"のファン・ソンホン元大田ハナシチズン監督とチェ・ヨンス元FCソウル監督が代表的だ。
Kリーグで大きな成果を上げた2人の司令塔は現在、公式的な監督職を受け持っていない。

あるサッカー人は「協会の新しい指導部が"ビッグネーム"の指導者に年代別代表を任せる計画を立てたと聞いた」と耳打ちした。

また、別のサッカー人は「ファン監督の場合、現在は空席のU-20代表の司令塔候補に取り上げられたりもした」と語った。

代表DF出身のパク・ドンヒョク忠南牙山も22歳以下監督候補に取り上げられている。

サッカー協会によると、現在は空席の17歳以下監督と20歳以下監督は早いうちに選任を完了する予定だが、22歳監督は時間が少しかかるかもしれない。

サッカー協会はオリンピック直後にキム前監督とともに東京オリンピックのレポートを作っているところだ。
報告書の作業が終わってから本格的な選任作業に着手できるという見通しが出ている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...