キム・ミンジェ、トルコ・イスタンブール到着!フェネルバフチェのメディカル予定
SPOTVニュース



※一部要約

フェネルバフチェ移籍を推進中のキム・ミンジェがトルコ・イスタンブールに到着した。

フェネルバフチェのニュースを伝えるSNSアカウントは8日、キム・ミンジェがトルコに到着したニュースを写真とともに伝えた。
あるファンがキム・ミンジェと撮った写真を自身のSNSに上げたという。

フェネルバフチェは8日、公式SNSチャンネルで「我がクラブは北京国安所属の韓国選手キム・ミンジェと移籍交渉を始めた。1996年生まれのDFは明日イスタンブールに来て会談し、メディカルテストを進める」と明かした。

フェネルバフチェは2020-21シーズンのトルコ・スュペル・リグで21チーム中3位になったチームだ。
トルコリーグ優勝を19回もした伝統の名門チームで、ガラタサライ(22回)に次いで2番目に多い優勝記録を持っている。


スポンサーリンク
楽天





「キム・ミンジェ、韓国代表の責任のために早く移籍交渉」中専門担当記者
OSEN



※一部要約

北京で中国スーパーリーグを専門担当で取材しているワン・シャオルイ記者は8日、OSENとの書面インタビューで「キム・ミンジェがメディカルテストを進行中である。公式に契約を結んだわけではないがほぼ済ませた」として、「フェネルバフチェのペレイラ監督が上海を率いていたし、またフェネルバフチェのGKコーチも北京でキム・ミンジェを見守っていた。なのでキム・ミンジェの能力については正確にわかっている」と明かした。

続けて「キム・ミンジェの移籍に最も積極的だったのはポルトとガラタサライだった。だが契約期間の問題があった。特にキム・ミンジェはもともと5大リーグ直行を望んでいたが、負担が大きかった。その結果、フェネルバフチェが最も良い条件を掲げた。ポルトは契約期間を4年に縮めてオファーしたが、フェネルバフチェはビッグリーグ移籍を随時交渉できる条件を掲げた」と説明した。

ワン・シャオルイ記者は「現在、移籍金の交渉も大詰めになっている。最後の合意のために両者が努力している」として、「フェネルバフチェは3年契約を結び、バイアウト金額も予想より本当に低い金額になるだろう」と説明した。

一方、彼は「キム・ミンジェは大韓民国代表の責任を全うするために時間をかけなかった。体を引き上げることが重要だと考えた。トルコからはワールドカップ最終予選をする中東が遠くないので、積極的に臨んで最後の合意だけを残してる状態」と伝えた。




キム・ミンジェ、トルコ入国後にすぐメディカルテスト…移籍金26億ウォン
エクスポーツニュース



※一部要約

中国メディアのバイドゥはキム・ミンジェのトルコ行きを報じて、自分の夢であるヨーロッパ進出を実現させることになったと伝えた。
メディアは続けて「北京はキム・ミンジェの移籍金を当初1500万ユーロ(約202億ウォン)に策定していたが、1300万ユーロ減額した200万ユーロ(約26億ウォン)で合意した」と伝えた。

先だって北京とFCポルトが合意に達していた移籍金は600万ユーロ(約80億ウォン)だったという。
だが選手との交渉で不発となった。
ポルトは5年契約に高い週給を提示したが、キム・ミンジェはわずか3年の契約を望んで週給は重要ではなかった。

バイドゥは「北京の観点からはフェネルバフチェの移籍オファーのほうが気に入った。キム・ミンジェを520万ユーロ(約70億ウォン)で全北現代から獲得した損失はある。キム・ミンジェの価値がそれだけ落ちたということ」と伝えた。

2019年1月に北京に合流したキム・ミンジェは移籍初年度から主戦DFとして大活躍したが、2021シーズンにスラベン・ビリッチ監督が就任してわずか2試合しか消化しなかった。
彼は北京で合計59試合を消化し、全北から出て1年半でヨーロッパの舞台を踏むことになった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...