江原FCのハン・グギョン、"脳震盪の後遺症"上位圏跳躍の峠の8月日程に非常
江原日報



※一部要約

江原FCの中盤の司令塔ハン・グギョンが苦しんでいる。

1年前の試合中に脳震盪の症状を見せたが、その後遺症が原因で目眩を訴えて戦力から外れた状態だ。
江原にとっては上位圏跳躍のための峠となる"8月の強行軍"に超非常がかかった。

江原は1日、春川の松岩レジャースポーツタウン主競技場で行われた水原三星との"ハナワンキューKリーグ1・2021"22ラウンドのホーム試合で3対0の勝利を手にした。
後半期の日程を始めてから1分け1敗と振るわなかった競技力を、クリーンシートにして順位を8位に引き上げた。

だがこの日にハン・グギョンは先発ラインナップはもちろん、交代リストにも名前を上げられなかった。
脳震盪の後遺症で正常に試合を消化できないコンディションだったからだ。


スポンサーリンク
楽天





"目眩を訴え"戦力離脱のハン・グギョン、「1年前の脳震盪から困難が多い」
エムスプラニュース



※一部要約

ハン・グギョンは2020年8月2日の尚州尚武(金泉尚武の前身)との試合で頭を負傷した。
脳震盪だった。
当時、ハン・グギョンは14日後にグラウンド復帰したが試合出場に困難を訴えたことがある。

ハン・グギョンは江原FCの核心MFだ。
2019シーズンにはKリーグ1の全試合(38)でフルタイムを消化した。
当時、フィールドプレーヤーで全試合フルタイムを消化したのはハン・グギョンだけだった。
ハン・グギョンは頭を負傷した2020シーズンも22試合に出場した。
ハン・グギョンは今シーズンも江原が行った21試合にすべて出場していた。
江原にとってハン・グギョンがどれだけ重要な選手かを知ることのできる記録である。

問題が起きた。
ハン・グギョンは7月25日の済州ユナイテッドとの試合で、前半が終わってからユン・ソギョンと交代させられた。
目眩を訴えたのだ。

江原のキム・ビョンス監督は「1年前の脳震盪が原因のようだ」として、「その後に何度も目眩を訴えている」と語った。

「選手が試合の集中に困難を感じている。本人は何とか試合に出場しようとしたが止めた。試合出場より重要なのが健康だ。ハン・グギョンが元気な体に戻れるように支援を惜しまない計画である。正確な復帰時点を計るのは難しい。ソ・ミヌ、ファン・ムンギらがハン・グギョンの空白をしっかり埋めることを望む」
キム監督の言葉だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...