"横浜大惨事"キム・ハクボム号、メキシコに3-6の大敗
韓国経済



※一部要約

キム・ハクボム号がメキシコに3-6で大敗してオリンピックのメダル挑戦から遠ざかった。

キム・ハクボム監督が率いる韓国オリンピックサッカー代表は31日、日本の横浜インターナショナルスタジアムで行われたメキシコとの2020東京オリンピック男子サッカー8強戦に3-6で完敗した。
これで韓国サッカーは2016リオデジャネイロ大会に続いて今回の東京大会まで、2大会連続で8強から脱落した。

韓国はイ・ドンギョンが単独で2ゴールを担って奮闘したが、メキシコの波状攻勢に守備陣が崩れて6点も失う屈辱を受けた。

この日の試合で韓国は憂慮していた守備の不安が露呈した。


スポンサーリンク
楽天





キム・ハクボム号の素顔、PK+退場の変数が消えると"6失点の衝撃負け"
スターニュース



※一部要約

先のルーマニア戦の4-0、ホンジュラス戦の6-0という2試合連続大勝の勢いは試合中ずっと見つけられなかった。
偶然にも韓国は2試合連続で相手の前半での退場と何と4つのPK(ルーマニア戦1、ホンジュラス戦3)の変数がそのまま利点として作用したが、この変数が消えたメキシコ戦ではそれそこ無気力に完敗を喫した。

守備は試合中ずっとメキシコの攻撃に対応できなかった。
相手の攻撃の過程も鋭かったが、韓国守備の全体的な集中力が落ちた様子が大きかった。
試合中ずっと相手のクロスや進入に何の対処もされず、セットピースの状況でもメキシコは難なくヘッダーゴールを作り出した。

メキシコの戦力は今大会の優勝候補級ではなかったし、むしろ試合前から激しい試合になるという予想が多かったという点で、6失点の完敗はさらに衝撃的だった。
結局、先のルーマニア、ホンジュラス戦の2連勝の背後にあった変数が消えると、キム・ハクボム号の素顔があらわれることになった。
"オリンピック歴代最高成績"という挑戦も水泡に帰した。




メキシコが弄んだ自動ドア守備、韓国サッカーの黒歴史追加
MKスポーツ



※一部要約

"横浜大惨事"だった。
不安要素がトーナメントで炸裂してしまった。
キム・ハクボム監督が率いる韓国オリンピックサッカー代表が韓国サッカーの黒歴史を追加した。

守備の組織力、集中力が急激に崩れるとメキシコのアタッカーは韓国陣営を遊び場にした。
韓国を弄ぶようだった。

グループリーグでは守備のミスが出なかったが、これは相手が扱いやすい相手だったからだ。
ニュージーランド、ルーマニア、ホンジュラスはすべて攻撃が鋭いチームではなかった。

最終エントリーに選んだワイルドカードのキム・ミンジェに対する心残りもある。
最終的に所属チームが出場を許可せず、出国前日にパク・ジスと交代した。
守備の構成から組織力まで物足りなさが残るシーンが多かった。

3-6というスコアは韓国サッカーの歴史に残る大敗だ。
さらにオリンピックの舞台で無敗行進をしてきたメキシコに敗れた。
それもメダルに向かう8強トーナメントで。
6ゴールも許した。
キム・ハクボム号の自滅によるところが大きい。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...