「選手村の飲食、和食が一番美味しいようだ」日本の自画自賛
ニュース1



※一部要約

この日で大会9日目を迎えた東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が、各国・地域の選手団が選手村の生活を好評していると自画自賛した。

31日、共同通信によると組織委はこの日の記者会見で各国・地域の選手団がスタッフの歓待(おもてなし)を好評していると明かした。

それとともに選手村の食堂では和食が最も人気があり、オリンピック関連グッズを購買できる売店には連日選手が詰めかけていると強調した。


スポンサーリンク
楽天





だが組織委のこのような現実認識は、新型コロナウイルス感染症のため外出が難しく、選手村で主に生活している選手が生活の不便を訴えていることとはかけ離れており嘲笑を招いている。

最も代表的な事例が選手村の段ボールベッドだ。
リサイクル可能な段ボールベッドは約200キロの荷重に耐えられるように作られたというが、様々な選手がSNSに歪んだベッドの写真を上げて不満を訴えて嘲弄の種になった。

また、「和食が最も人気がある」という説明とは違い、選手村が提供する飲食は福島産の食材を使っているという点で憂慮が広がって久しい。
大韓体育会は選手村の近くのホテルをまるごと借りて給食支援センターを用意、国産の食材で作った弁当を大会中に選手団へ供給する。
アメリカもまた選手村の近くに独自の給食センターを設けた。

その他にも狭いサイズにテレビと冷蔵庫がない客室も批判の対象になっている。

東京オリンピックの選手村村長を引き受けている川淵三郎元日本サッカー協会会長は同日の記者会見で「少しでも汚れたところがあればボランティアメンバーがすぐに清掃する」として選手村の清潔な状態を強調した。
それとともに「ボランティアメンバーなしにオリンピックの成功はない。心より感謝を申し上げる」とした。

現実とかけ離れた自画自賛をする組織委と、それを無批判で報じる日本メディアが日本国民の目と耳を塞いでいる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...