ヨーロッパ統計メディアの韓国パッシング、久保はオリンピックスター候補ーイ・ガンイン列外
スポータルコリア



※一部要約

イ・ガンインがルーマニア戦で大活躍してキム・ハクボム号の核心であることを証明した。
だが名声ではライバルであり日本サッカーの未来である久保建英に押されている。

ヨーロッパのサッカー統計メディア"トランスファーマルクト"は2020東京オリンピックを輝かせる男子サッカーのスター候補4人を選んで投票を実施している。

候補にはスペインの神聖ペドリをはじめとしてアントニー(ブラジル)、ティアゴ・アルマダ(アルゼンチン)、久保が名前を上げた。
全員錚々たる選手だ。

だがイ・ガンインはどこにも名前がなかった。
イ・ガンインは久保に比べて身代金でやや押されているが、互いに実力が似ていて善意のライバルとして激しい場外対決を繰り広げている。

イ・ガンインはバレンシアの主戦ではなく、身代金でも久保(1500万ユーロ)より500万ユーロ押されている1000万ユーロに留まっている。
イ・ガンインの地位はオリンピックでも目立っては見えない。

だが彼はルーマニア戦で2ゴールを決めて自身の価値を世界に証明した。
久保もやはり今大会2試合連続ゴールで常勝疾走している。
オリンピックでもイ・ガンインと久保のライバル戦は熱くなるだろう。


スポンサーリンク
楽天





初の3試合連続ゴール挑戦の日本・久保のエースの存在感確実、シュート11本で現在大会最多、8強でイ・ガンインとの対決実現に注目
スポーツ朝鮮



※一部要約

東京オリンピックに出場中の日本サッカー代表のエースは久保建英(レアル・マドリード)だ。

彼は2試合連続でゴールを放ち、日本を現在グループリーグA組首位を導いている。
日本は2勝で8強進出に迫っている。
日本は16チームの中でグループリーグ2連勝をおさめている唯一のチームだ。
日本は28日に横浜でフランスとグループリーグ最終戦を控えている。
この試合の結果によって韓国と8強で衝突することもあり得る。

久保は日本オリンピックサッカーで史上初の3試合連続ゴールを狙う。
これまで2試合連続ゴールは久保を含めて4人だった。

久保はオリンピック代表でより積極的にシュートを飛ばしている。
最前方には立っていないが、得点への強い意志を見せていると日本メディアの日刊スポーツが報じた。
東京オリンピックインフォシステムの公式記録を見ると、久保は2試合で個人最多のシュート11本を記録している。
日本チームのシュート数21本のうち、久保が半分以上の52.3%を占めている。

現在、今大会の得点首位はフランスのワイルドカードFWジニャックである。
合計4ゴールを決めている。
2位はブラジルのプレミアリーガーFWリシャルリソンだ。
韓国のイ・ガンインが2ゴールで久保と肩を並べている。

韓国が8強で日本との対決を実現すれば、"イ・ガンインvs久保"の対決も実現するだろう。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...