"苦しい決定力"韓国、ニュージーランドに0-1の衝撃負け…不安なスタート
SPOTVニュース



※一部要約

蓋を開けてみると"蜜の組"ではなかった。
一段下と評価されていたニュージーランドに跪いた。
"ワイルドカード"クォン・チャンフンも、ファン・ウィジョも得点できなかった。

韓国は22日午後5時、日本のカシマスタジアムで行われた"2020東京オリンピック"男子サッカーB組1次戦でニュージーランドに0-1で敗北した。
初戦から負けて8強に向けて不安なスタートをすることになった。




スポンサーリンク
楽天





"やはりEPL"ウッド、キム・ハクボム号の瞬間的な油断を逃さなかった
OSEN



※一部要約

韓国の守備陣は試合でずっとニュージーランドの主砲ウッドを成功裏に防いでいた。
だが瞬間的に集中力を失って結局ウッドに失点した。
イングリッシュ・プレミアリーグで4シーズン連続二桁得点を炸裂させているウッドはビッグリーガーらしく瞬間的な集中力で得点に成功した。

韓国は大会前からウッドを警戒対象1号に決めてオーダーメイド戦略を準備してきた。
この日、チョン・テウク-イ・サンミンのCBの組み合わせを稼働させた。
194センチの長身チョン・テウクがウッドを専門マークして、主将のイ・サンミンが背後のスペースとセカンドボールをカバーした。




VARも見ず、理解できない判定いっぱい…初戦から大変な試合
ゴールドットコム



※一部要約

代表は初戦から曖昧な審判の判定の中で難しい試合をした。
この日、ニュージーランドは守備に集中している中で我々の代表を防ぐために激しい競り合いとタックルを試みた。
意図的なファールで途切れるシーンがしばしば演出され、ペナルティボックス内でも反則性のプレーが出てきた。

だが主審をはじめとするVAR判読室からはずっと惜しい判定が出た。
ともすれば負傷につながりかねない危険なファールもそのまま流した。
我々の代表の決定的な攻撃チャンスが続く状況でも、何の異常もないと断固として線を引いた。
そのため我々の代表はさらに難しい試合をしなければならず、ついには勝負をひっくり返せずに辛い敗北を喫してしまった。

この日の試合は南アフリカ出身のビクター・ゴメス主審が試合を担当した。
ゴメス主審は2011年から国際試合で主審として活動している。
アフリカを代表する国際審判として知られている。
だが理解できない判定論難を免れるのは難しいとみられる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...