[東京現場] "SONなしで独り立ち"ファン・ウィジョ、こういう試験台とショーケースは初めて
スポーツ朝鮮



※一部要約

現在、韓国最高の1トップであるファン・ウィジョが東京オリンピックで独り立ちする。
新たな試験台だ。
3年前のアジア大会からベント号まで幻想的な相性を見せてきたパートナーのソン・フンミンなしで太極号を導かなければならない。
彼の前に置かれた最初の障害物は長身軍団ニュージーランドである。

ワイルドカードのファン・ウィジョが先鋒に立つ韓国サッカーオリンピック代表は22日午後5時、日本鹿島でニュージーランドとグループリーグB組の初戦を行う。
ニュージーランドはB組最弱体と評価されている。
だが専門家は「力と高さを前面に出すニュージーランドがB組の伏兵になるかもしれない」と見ている。
ニュージーランドに足首を掴まれたチームはグループリーグ突破が難しい。
そのためゴールを決めなければならない1トップのファン・ウィジョの役割は大きい。
FWが得点できなければ勝率は落ちる。

ファン・ウィジョはオリンピック代表の司令塔キム・ハクボム監督が最も信頼する1トップFWだ。
2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会でファン・ウィジョを抜擢して優勝を勝ち取った。
ファン・ウィジョはその大会以降にずっとA代表に抜擢され、ヨーロッパ進出にも成功した。
A代表ベント号の1トップで第一オプションである。
ファン・ウィジョは現在、ボルドーでも代表ゴールゲッターに成長した。
彼はキム監督のワイルドカード選出要請に快く応じた。
自分の使いみちと価値を最もよく知る指導者の呼びかけに何はさておき駆けつけた。


スポンサーリンク
楽天







ところで、ファン・ウィジョにとって今回の東京オリンピックは別の試験台でありショーケースだ。
2018年のアジア大会のときとA代表では、常にソン・フンミンという友人でありパートナーがいた。
ソン・フンミンが自由にあちこち走って相手DFを分散させ、ファン・ウィジョにパスの道を開いてあげていた。
それでファン・ウィジョはゴール近くでずば抜けた集中力によってゴールネットを揺さぶるのが容易だった。

そのようなソン・フンミンが、今回のオリンピックではともにすることができなかった。
キム監督は最後まで悩んだが、色々と複雑な理由でソン・フンミンの代わりにクォン・チャンフンを選んだ。
クォン・チャンフンがソン・フンミンのような役割をすれば、ファン・ウィジョにとってはこの上なく良い。

ファン・ウィジョにとって東京オリンピックは一段跳躍するための舞台であるわけだ。
彼の長所はシュート力である。
正確かつ位置を選ばない。
彼の最終目標はフランス・リーグアンではない。
ボルドーとは2023年6月末まで契約している。
ファン・ウィジョもまたEPLの舞台を夢見ているという。
ソン・フンミンがいなくても上手くやれるというのを証明すれば、ファン・ウィジョの価値はさらに上がる。
彼の現在の市場価値は500万ユーロだ。
ある国内のエージェントは「ファン・ウィジョは今でも多くのEPL関係者が知っている。1人でも上手くやれることを示せば、ファン・ウィジョへの見方はさらに変わるだろう」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...